TwitterのDMでURLを送れなくなった…今Twitterからの詳細情報を待ち中

次の記事

ロケットサイエンスと参入障壁とスタートアップ

今日(米国時間10/16)の午後の早い時間に、Twitterのダイレクトメッセージ(DM)でURLやリンクを送れなくなった。使用しているクライアントにもよるが、エラーメッセージは“マルウェアのリンクを送ろうとした”と言ったり、もっと単純に“そのメッセージは送れませんでした”と言ったりした。

Twitterの広報は、“ダイレクトメッセージ中のURLに関して技術的な問題がある”、とだけ言った。その後何の情報も来ないが、DMでリンクを送れないことが、スパム対策などに関連した一般的なポリシーであるとか、DMの新しい仕様である、なんてことはありえないだろう。まあ、可能性としては何でもありだけど。

これはすでに多くの人が経験していて、Twitterの至る所で話題になっている。本人性が確認されているユーザは、リンクを送れるようだ。しかし本誌が確認したところによると、確認されていないユーザでもリンクを送れる場合がある。最初のエラーメッセージは、マルウェアウェアをこの措置の理由と言っていたが、その後エラーメッセージに統一性がなくなり、そして突然、これはバグだと言い始めた〔“技術的な問題”〕。Twitterの意図的な方針変更ではない、と。

Screen Shot 2013-10-16 at 11.29.45 PM

Twitter上のスパムはDMでも送られるが、でもそれは、Twitterという名の‘電波’を汚している単純な’@reply’のスパムに比べると稀だ。通常は、あなたのフォロワーのパスワードを盗まないとあなたへのスパムDMは送れない。だから、そういう攻撃は蔓延しにくいのだ。だから今回のようなことが、DMの意図的な方針変更であるとは考えられない。それは、ありえないし、不必要だ。しかも、前に知ったことだが、Twitter自身もDMを使ってリコメンデーションなどの機能の実験をやっている。

最近Twitterは一部のユーザに、その人をフォローしている・いないに関わらず誰からのDMでも受け取れる能力を与えた。それまでは、互いにフォローしている同士でないと、DMのやりとりはできなかった。ということは、今回のURL送れないの問題の原因は、この方針変更と関係ありか? ありなら、それはバグか、それとも意図的な新方針か?

今Twitterに問い合わせている最中なので、情報が得られ次第この記事をアップデートしよう。

画像クレジット: Will Keightly/Flickr CC; エラーメッセージの画像はGlenn Fleishman

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中