ソーシャル

Twitterの株式公開初日。株価は74%上昇して45.10ドル。時価総額は318億ドル

次の記事

MicrosoftがOffice 365をアップデート: リアルタイムコラボレーション, 全エンタプライズバージョンにYammerを導入, などなど

Photo Nov 07, 8 54 09 AM

思ったように成長しないPodcastサービスから転身して、ひっそりと始まったサービスだった。それが現在は全世界2億3000万人に利用されるサービスへと成長した。このTwitterが、いよいよ本日上場企業としてのスタートをきった。NYSEにて、ティッカーシンボルTWTRで取り引きが開始されたが、いきなり昨日の設定価格である26ドルを73.5%も上回る45.10ドルの値がついた。完全希釈化後の705,098,594株をベースに考えれば時価総額が318億ドルとなる計算になる。

CNBCなどから、ひと株あたり35ドル程度になるのではないかとか、他にもいろいろな憶測が出ていたが、しばらくの買い気配の中で初値は40ドルから47ドルの間になりそうだという話が出ていた。

この後も値は上がり気味で、瞬間的には50ドルを上回ることにもなった。現在は45ドルあたりを推移している様子。

TWTRの取り引きの様子はTwitter上でもとレンディングトピックとなっていて、初値について盛り上がっていたTwitterは、サービス自身の話題で盛り上がり続けている。

(Twitterにはクジラ―Fail Whale―が住んでいると思われていたけれど、実はネッシーが住んでいたんだね)。

あえて言うまでもないが、今のところ取り引きは非常に順調に進んでいる。今年度における新株の価格上昇率は、Dealogic(via WSJ)によると平均して17%に過ぎないのだ。

Twitterは昨日、IPO価格を1株あたり26ドルと決定していた。当初は$17-$20の範囲を想定していたのだったが、それを$23-$25として、そして26ドルで最終決定にいたったのだった。

Twitterのトップエグゼクティブおよびディレクターたちは、1株あたり26ドルでの計算で32億4000万ドルの資産を獲得することになる。

この1年、企業向けサービスや広告関連でメジャーなテック系企業がIPOを果たしてきた。しかしTwitterこそが、2012年のFacebook上場以来、上場を心待ちにされていたソーシャルサービス企業であった。Facebookの上場にあたっては期待失望の入り交じるものとはなった。その影響もあって、今回のTwitterの上場が、やや控えめな値付けで行われることになったのだと言う人もいた。そうした人々は、Twitterの株価はもっと高くて当然だったのだと主張している(後知恵はいつも正解を知っているものではある)。

そもそも市場全体が、ソーシャルネットワークに好意的な時期だとも言うことができる。たとえばLinkedInは1株220ドル以上で取引されており、評価額は248億2000万ドルとなる。またFacebookは1210億ドルの評価で、株価は50ドルを少し下回るところで取引されている。この両者および、パートナー企業などの株価や業績への期待などが、Twitter株価の急上昇を支えているとも言えそうだ。

もちろん、Twitterも依然として利益をあげているわけではないにせよ、順調な成長を続けている。2013年9月30日までの9ヵ月間では、売上は昨年比106%増となり4億2220万ドルとなっている。但し純損失も89%増えて1億3390万ドルとなっている。

Twitterがサービスを開始するまで、このような仕組みが必要だとは誰も考えていなかった。しかし上場を迎えた本日、皆がTwitter株に群がっているという状況になっている。

Screen Shot 2013-11-07 at 15.05.05

Twitter IPO

原文へ

(翻訳:Maeda, H

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中