Apple
ガジェット

これがApple新本社屋の母鑑だ

次の記事

TechCrunch Tokyo 2012年の最優秀賞、スマート電動車イスのWhillがアメリカでいよいよ市販へ

Appleの宇宙船本社屋のこれまでで最も真実味のある詳細画像が、Wiredの秀逸な記事に掲載された。

280万平方フィートかならる同キャンパスの最新画像には、広大なカフェテリア、地下駐車場、そして今後のApple新製品がメディアに披露される地下ホール等が写しだされている。

社屋は176エーカーの敷地に建ち、土地の殆どが土着の動植物相に宛てられており、床から天井まで続くガラス壁と外界を遮る障壁の役目を担う。

メインキャンパスの外には、研究開発部門のために別棟群もある。

下の写真で新Appleキャンパスの内部をのぞき見した後は、Apple CFO Peter Oppenheimerによる建設許可承認後のプレゼンと、クパチーノ市に向けたスティーブ・ジョブズの最初のプレゼンもお見逃しなく。

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中