%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%87%E3%83%BC%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97PC%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AEE%E3%82%B3%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B9%E6%B6%88%E8%B2%BB%E3%81%AF15%25%E5%A2%97%E3%81%AE12%E5%84%84%E3%83%89%E3%83%AB%E3%80%82%E4%B8%80%E7%95%AA%E4%BA%BA%E6%B0%97%E3%81%AFAmazon

ブラックフライデーのデスクトップPCからのEコマース消費は15%増の12億ドル。一番人気はAmazon

週末にかけて、今年のブラックフライデーのネット消費は史上最高を記録したと聞いていたが、今日(米国時間12/1)comScoreは、この1年で最も忙しい日に消費された実際の金額を発表した。2013年のブラックフライデー(11月29日)に、デスクトップのネット売上は11.98億ドルを記録し、同時期で初めて1日10億ドルを突破する史上最大のオンライン消費デーとなった。2012年のブラックフライデーの15%増だった。サンクスギビングデー(11/28)は、前年比21%増の7.66億ドルだった。

comScoreによると、ホリデーシーズンに入ってから今日までに、206億ドルがオンラインで消費され、前年同時期を3%上回っている。しかしcomScoreは、2013年の方がホリデーシーズン・ショッピング期間が短いため、数字は歪められている可能性があると警告している。comScoreがデスクトップとモバイルの消費を区別している点も興味深く、モバイルも新記録を達成した。

comScoreによると、6610万人のアメリカ人がブラックフライデーにデスクトップパソコンからネット販売サイトを訪れた。これは1年前より16%多い。Amazonは、予想通り、ブラックフフライデーで最も多くの人が訪れたサイトとなり、eBay、Walmart、Best Buy、およびTargetがこれに続いた。

アパレル・アクセサリーへの出費は、このホリデーシーズンに急上昇を見せており、オンライン消費の28%を占め、現時点で製品カテゴリーのトップに立っている。次いでパソコンハードウェア(19%)、消費者向電子機器(7%)、パッケージ製品(5%)、配達サービス(5%)が続く。

comScoreはデスクトップを計測しており、モバイルを含めていないと思われるため、モバイルのエンゲージメントと消費の数字も気になるところだ。IBMによると、モバイルは全オンライントラフィックの39.7%を占め、2012年ブラックフライデーから34%増加した。モバイル販売はオンライン販売全体の21.8%を占め、対前年比43%増だった。

ブラックフライデーに、PayPalの全世界モバイルPTV(合計支払い金額)は2012年を121%上回り、全世界モバイルショッパー数は2012年の99.24%増だった。

そしてもちろん、明日のサイバーマンデーにどれほど消費が増えるかも興味津々だ。例年この日の小売店売上は10億ドルを超える。情報が入り次第続報する。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

Hitoshi Anatomi
紙の上では2>1ですが、実生活では違います。ひ弱な少年二人が同時にかかっても強い格闘家にかかると一蹴…
Ichiro Mizoguchi
XPが動いている古いPCでもある範囲の利用には耐えられるってことも大きいんじゃないかな。PC自体を入…
TATSU
スマートウォッチが丸か四角かなんてどうでもいいことだ。そんなことは問題じゃない。さらにそんな小さな画…
Aheahead
現段階では便利な道具というよりは面白ガジェットだと思うので、丸い方が新鮮で良いかな、と思います丸い画…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 119 other followers