YourFreeProxy%E3%80%81%E3%83%84%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%81%8C%E8%A3%8F%E3%81%A7Bitcoin%E3%82%92%E7%99%BA%E6%8E%98%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%9F%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%8C%E7%99%BA%E8%A6%9A

YourFreeProxy、ツールバーが裏でBitcoinを発掘していたことが発覚

今日の「テク系サービスがやってはいけないこと」コーナーは、Mutual Public(別名Build Toolbars, LLC = WBT)のYourFreeProxyをご紹介する。ファイヤーウォールや検閲を回避するためのプロキシサーバーを提供するこの会社は、ツールバーを通じて秘かにユーザーのパソコンを利用してBitcoinの発掘を行っている。しかもこの「機能」は、サービス利用規約に堂々と記載されている。

コンピューティング、およびセキュリティー。Mutual Public製品をダウンロードすることによって、取引の確認およびセキュリティー向上を目的に、あなたのコンピューターは当社関連ネットワークのために数値計算を行うことがあります。当社または関連会社が回収した謝礼あるいは手数料はすべて当社および関連会社に帰属します。

EULAProof1

みんなが感謝祭の眠りから醒めてネット上を悪口雑言が駆け巡れば、変更されるのではないかと私は思うが、Bitcoinの発掘に必要となる膨大なCPUパワーを考えると、これはユーザーに対する大きな裏切りであり、フリーミアムモデルの明らかな乱用である。事実、あるユーザーがMalwarebytesに報告したところによると、この「ツールバー」をインストール後CPU利用率が50%上昇した。WBTは、Monitor.exeから実行されるjhProtominerというプログラムにこの汚れ仕事を行わせており、伝統的マルウェア技術のおかげでユーザーは削除することができない。

「私に言わせれば、この種の方式は最悪の極みに達した。彼らはすでに検索ツールバーやリダイレクターによって、利用者のブラウジングや購入傾向の情報を集めてきた」と、MalwarebytesのAdam Kjawaは言う。「彼らはポップアップ広告や不必要なソフトウェアによってアフィリートから金を受け取り、ユーザーを冒涜してきた。今度は、リソースを奪いユーザーのシステムを死に追いやることによって、とどめを刺そうとしている」

私の意見では、最悪なのは、発掘ソフトウェアに近々マルウェアの烙印が押されるかもしれないことで、そうなれば場合によってプログラムの利用が困難になるという問題が生じる。要するに、これは誰にとっても悪であり、WBTの詐欺師たちにとってもそうなのである。

via Malwayrebytes

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)

Tags: , ,

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

Ichiro Mizoguchi
『家にいることを感知したらスリープして電池を節約する』はなかなかいいアイデアですね。猫飼ったことない…
Kenshin Fujiwara
手前味噌ですが、フォローアップ記事書きました↓関西で米国式のアクセラレータを立ち上げみて学んだことh…
Guest
手前味噌ですが、フォローアップ記事書きました↓http://kenshinfujiwara.com/…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 118 other followers