PC%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%81%AE%E7%B8%AE%E5%B0%8F%E3%81%AE%E5%BA%95%E3%81%AF2014%E5%B9%B4%2C%20%E3%81%9D%E3%81%AE%E5%BE%8C%E3%81%AF%E5%B9%B43%E5%84%84%E5%8F%B0%E3%83%AC%E3%83%99%E3%83%AB%E3%81%AB%E8%90%BD%E3%81%A1%E7%9D%80%E3%81%8F%E2%80%A6IDC%E3%81%AE%E4%BA%88%E6%B8%AC

PC市場の縮小の底は2014年, その後は年3億台レベルに落ち着く…IDCの予測

今日(米国時間12/2)IDCが発表した予測によると、世界のPC市場は、2013年の台数ベースでの売上が前年比10.1%減少する。これは同社のこの前の予測減少率9.7%よりもやや高い。

今年を異常な急落と見たIDCは、2014年の減少幅を3.8%と小さく見積もっている。しかもIDCの予測ではそれが、このところ続いた下降カーブの底であり、長期的にはその後やや回復する、と見ている。そして、PCの1年の売上が3億台切ることはない、と同社は予言している。

これは、これからWindows 8.xを消費者や企業に売っていかなければならないMicrosoftにとっては、朗報だ。新しいオペレーティングシステムを載せたPCが売れれば、Windows Storeからダウンロードされるアプリケーションも増え、今Windowsに関して様子見をしているようなデベロッパたちも、腰を上げるはずである。

またIDCによると、携帯~スマートフォンは今後も仕事のメインの道具にはなりにくいので、PCの総使用時間は将来もあまり減らない。ただしオペレーティングシステムのアップデート意欲はこれまでより落ち込むので、WindowsのリフォームをねらっているMicrosoftにとっては困ったことになる。

年間販売台数が3億ぐらいに落ち着くとすると、それは月間では2500万、四半期では7500万だ。ちなみに2012年にはPCの売上台数が3億5000万近かった。IDCの予測では3億という安定期に入るのは早くて2017年だが、PC市場のマーケットリーダーであるMicrosoft、Intel、Dellなどにとっても、それが事業調整のためのベースとなる。

いろんな意味でポストPCであることは確かでも、とくに途上国市場では今後もPCの売上が急進していくため、市場は全体としては安定する。

これまでは(ぼくも含めて!)多くの人が、PC市場は下降がひたすら続き、最後には干上がってしまう、と予想していた。しかし、そうではなさそうだ。底は、ゼロではなく3億台であり、PC市場の大きなエコシステムはほぼ維持されるのだ。

それは主に、消費者市場の落ち込みを企業のPC需要が一部埋め合わす、という形だ。IDCの予測では、2013年は企業向けが5%の減少、これに対し消費者向けは15%の減少だ。だからこそ今企業の世界では、Windows 8.xではなくて、XPから7へのアップデートが増え、それがエコシステムの安定を支えている。

Windows 8.xは消費者だけでなく企業の需要もねらっている。後者がもしも今後、8.xに関してポジティブになれば、PC市場はより早く回復するだろう。ただし今年は、12月がどれだけ良くても、PC全体としては黒星の年だ。

PCは死なない。あまり話題にならなくなり、人気も薄れ、落ち着いていくだけだ。

画像クレジット: Flickr

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

広告

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 123 other followers