%E3%81%93%E3%82%93%E3%81%A9%E3%81%AEChrome%20Beta%E3%81%A7%E3%81%AF%E3%83%A2%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%AB%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E3%83%84%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%8C%E5%85%85%E5%AE%9F%E2%80%A6%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%A8%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AE%E6%94%B9%E8%89%AF%2C%20%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%AE%E3%83%AA%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%87%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%B0%E3%81%AA%E3%81%A9

こんどのChrome Betaではモバイル開発のためのツールが充実…ビューポートエミュレーションの改良, スクリーンキャストありのリモートデバッグなど

remote-debug-overview

今朝(米国時間12/3)ローンチされた最新のChrome Betaで、Googleはモバイルデベロッパのための新たなツールをいくつか導入し、デスクトップからモバイルのWebアプリケーションを比較的容易にテストできるようにした。このベータはデスクトップAndroid共に、ビューポートエミュレーションの改良により、モバイルのデバイスと画面とタッチイベントがうまく模倣され、またスクリーンキャストのできるリモートデバッグもサポートされた。

これまでデベロッパは、相当面倒な手順により、ブラウザのエクステンションを使うかまたはコマンドラインから、接続したデバイスの上でデバッグを開始していた。今度からは、MacのユーザはデバイスをUSBでつなぐだけでよく、Chrome Betaがリモートデバッグをネイティブでサポートする。デバイス上のChromeやChromeが動かすWebViewの、どんなインスタンスでもデスクトップからアクセスでき、キーボードやマウスのイベントは自動的にデバイスへ送られる。Windowsユーザはデバイスドライバをインストールして、この機能を有効にする。

Googleによると、ビューポートエミュレーションが改良されたことによって、デベロッパは各種のエミュレーションパラメータ…画面解像度、タッチエミュレーション、devicePixelRatio、ユーザエージェント、センサ、などなど…を完全にコントロールできる。ページは、本物のモバイル用Chromeと同じモバイルのビューポートコードで表示されるから、デスクトップ上で実際の結果を正確に見ることができる。

viewport-emulation

Chrome DevToolsのファンの方は、先月行われたChrome Dev Summitにおける Paul Irishの講演(25分)を聞いてみよう。これらの新しい機能を、詳しく説明している。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

まいのこ☆WEBデザイン
アメブロの上からニョインって出てくる広告(最悪)とか、画面いっぱいに出る広告とか(最悪)、もう本当や…
つん(たん)
現在の検定で不正が問題になっていることを今知ったよ。
Ichiro Mizoguchi
なんとなくですが、「一度使ったら手放せない」ってなりそうです。ちょっと怖いなぁ ^^;
デラペニャ
サイヤ人は怒りや悲しみが極限に達するとスーパサイヤ人になるそうです。スーパサイヤ人になると外観にも変…
U-YA
Windows Phoneは使いやすいんだけどアプリが絶望的に少ない。