Amazon%E3%80%81%E8%87%AA%E5%8B%95%E9%81%8B%E8%BB%A2%E8%BB%8A%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E9%85%8D%E9%80%81%E3%82%92%E6%A4%9C%E8%A8%8E%E3%81%B8

Amazon、自動運転車による配送を検討へ

ほんの冗談。

しかし、Jeff Bezosがエイプリルフール・ジョークを早出ししてトラフィックを稼ぐなら、われわれだって。まじめな話、それはサイバー・マンデーの前夜だったのだから。家中の生き物は残らず動き回り、Amazonがドローンで配達するらしいとTwitterでつぶやいた。

Bezosなら、どんなトレンディーなテクノロジーを使っても、自分の社名をニュースに載せ、テク系ブログの気を引いて楽にトラフィックを稼ぐことができただろう。彼ならAmazonでBitcoinが使えるようになったとでも、Google Glass経由の注文でも、赤ちゃんのおしりふきや靴下を3Dプリントして届けるとでも言えた。しかし、彼はPrime Airを選択した。

ドローンが主流になるまでには、数々のハードルを越えなくてはならない。電線や樹木をどうやって避けるのか、理想的な着地場所をどう作るか等々。Bezos自身、商用ドローンはFAAによって2015年まで禁止されていることを認めたが、舌の根も乾かぬうちに、会社としてドローンを使う他に「選択肢はなかった」と言った ― それが何を意味するのかはともかく。

白状する。私は昨日Amazon Primeに登録して150ドル消費した。実際私はAmazon.comでドローン関係の何かがないかを探していて、ふとこう思った。「そうだ、前から欲しくてたまらなかったコートラックを買おうか・・・」

Amazon広報が私に伝えたところによると、昨年のサイバーマンデーに彼らの顧客は新記録となる秒間306回注文した。「今年はそれを越えることを願っている」と担当者のJule Lawは書いていたが、実際どうだったのか、ドローン騒ぎがトラフィックを増やしたかどうか等については語らなかった。

私のごく個人的な体験とこのWiredの記事に基づけば、AmazonおよびBezosは、このドローン騒ぎで史上最優秀PR行動賞を与えられるべきであると私は思うし、それは私だけではない。なんと、UPSとFedExでさえ、このマーケティング策略十分金になると考えたようですぐ後に続いた。

少なくとも、自動運転車は、それが機能するために必要な基盤がすでに数多く用意されている。例えば、道路はすでにある。ドローンはと言えば、そうでもない。しかし、出版の達人たるBezosにには脱帽する。明日、私はTechCrunch.comがOculus Rift経由のみで提供することを発表する。

Screen Shot 2013-12-03 at 4.21.51 PM

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi facebook

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

U-YA
Windows Phoneは使いやすいんだけどアプリが絶望的に少ない。
GeekThem
>>>>> surface pro 3 docking…
もるまかて
サンドペーパーにダイヤが入っていたら、傷はつくよな。
武井 宏憲 (穂野川)
それでも実名にはひとつ利点があって、当人の実際の評価になるんですよね。