無人機はハッカーの標的になり解析される(技術解説ビデオあり)

次の記事

デジタル音楽でとことん満足したい人のための今年のギフトガイド

太陽が水平線の下に沈むと、空がグレーから黒に変わっていく。そして、日没の静寂に替わって1000機の無人機のブンブン音が空中を満たし、一機の指揮機に導かれて都市を襲う。子どもたちは親の腕にしがみつき、空からやってくる軍隊を不安気に指差す。

“何なんだ、これは?”、一人が、隣の男に尋ねる。

“Amazonさ”、聞かれた男が答える。“それにSamy Kamkarだよ”。

その名前は、あなたがハッカーでなければ初耳だろう。でもKamkarは連続ハッカー犯で、2005年には自作のワームでMyspace破壊し、刑務所へ行った。

その彼が今度は、無人機をハックする無人機のハードウェアとソフトウェアのスペックを公開した。つまり、これからは誰でも、無人機をやっつけ、ハックし、コントロールできる無人航空機を作れるのだ。

Kamkarが”SkyJack”(スカイジャック)と呼ぶこのハックは、マイコンボードRaspberry Piと、無人クヮドコプターParrot AR.Droneを使う。小型電池と2台の無線送信機も要る。地上のLinuxマシンの上で動いて電波到達圈域内の無人機をハックするバージョンのSkyJackが、まず作られるらしい。

詳細を知りたくなった人は、Kamkarのブログ記事を読むか、またはこのビデオを見てみよう。

[出典: ArsTechnica]

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在181人フォロワーがいます。