Microsoft%E3%80%81%E6%96%B0%E3%81%97%E3%81%84Bing%E5%9C%B0%E5%9B%B3%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC%E7%89%88%E3%82%92%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E2%80%95%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%843D%E7%94%BB%E5%83%8F%E3%82%92%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC

Microsoft、新しいBing地図プレビュー版をリリース―美しい3D画像をフィーチャー

今年のBUILDデベロッパー・カンファレンスで予告されていたとおり、 Microsoftは今日(米国時間12/5)、Windows 8.1向けの新しい地図アプリのプレビュー版を公開した。ハイライトは高精細度の3D画像だ。Microsoftはこのテクノロジーを数年前にBing地図に導入したが、Bing地図がMicrosoft独自のSilverlightの利用を止めたのを機に棚上げされていた。新アプリはWindows Storeから入手できる。

Microsoftによれば、「この3Dを生成するために121兆ピクセルの画像データを処理した」 という。なるほど新しい3D画像は美しい。恐ろしく鮮明で細部まで明瞭に描写されている。一見したところではGoogleの最新の3Dマップに十分匹敵する。

breman_3d

このプレビュー版にはオーストラリのキャンベラ、ドイツのブレーメン、メイン州ポートランドなど世界の70都市の3D地図が提供されている。ただし、ニューヨーク、サンフランシスコ、シドニー、ベルリン、東京など大都市はプレビュー版には含まれていない。おそらく最終版には大都市も含まれることになるだろう。

最近のMicrosoftの例に違わず、この地図アプリもタッチ操作が可能だ。マウスでも一応操作できるが、やはりタブレットないしタッチ・スクリーン装備のノートパソコンの方が快適だ。地図を傾けたり回転させたりするにはタッチの方がずっと自然だ。

地図にはStreetside(Microsoft版のストリートビュー)も含まれる。MicrosoftはStreetsideのUIについていろいろ実験を繰り返してきたが、現在の版はGoogleストリートビューのクローンだ。当然ながら、検索機能や道路交通情報などが含まれ、Open Tableとも連携する。また電話番号をクリックするとSkype通話をかけることができる。

Valencia_Streetside_Crop_thumb_63802FB2

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

Ichiro Mizoguchi
XPが動いている古いPCでもある範囲の利用には耐えられるってことも大きいんじゃないかな。PC自体を入…
TATSU
スマートウォッチが丸か四角かなんてどうでもいいことだ。そんなことは問題じゃない。さらにそんな小さな画…
Aheahead
現段階では便利な道具というよりは面白ガジェットだと思うので、丸い方が新鮮で良いかな、と思います丸い画…
Hitoshi Anatomi
iPhoneのように生体認証でもパスワードでもロックを解除できるような仕組みにしておいて「これでパス…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 119 other followers