Microsoft%E3%80%81%E6%AC%A1%E6%9C%9F%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AEWindows%E3%81%A7%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%A1%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E5%BE%A9%E6%B4%BB%E3%81%8B

Microsoft、次期バージョンのWindowsでスタートメニュー復活か

最近MicrosoftウォッチャーのMary Jo FoleyPaul Thurrottが、Windowsの次期主要バージョンに入る可能性のある変更について、詳しく書いている。Foleyが聞いているのは “Threshold” 呼ばれるバージョンだ。これは2015年の登場を目指しているらしい。

驚くべくもなく、ThresholdはWindowsグループの内部統一のトレンドを継承している。プラットフォームにはより強い鍵がかけられ、いくつかの顔、というかSKU[製品単位]に分かれる。Foleyが “Modern” と呼ぶものは、Windows RTに似ていて、Windows Storeアプリに焦点を合わせる。

もう一つThresholdと共にやってくると考えられるのが、「より伝統的な消費者向けSKU」で、「ある程度の生産性とWindows親和性」を持つ。これは理にかなう。そして最後が、エンタープライズ向けSKUで、組織の規模やニーズに合わせたものだ。Foleyが説明する製品ラインアップを見ると、Windows 8.1 RT、Windows 8.1、およびWindos 7に極めて近い。

Microsoftはコメントを拒んだ。

Foleyが言っているものの背後にある真の力は、SKUやデバイスによらずWindowsのコアは1つだけというアイデアであり、そうなればデベロッパーは1度作れば広く配布できる。この概要はWinRTその他で見ることができる。つまり驚きではないが楽しだ。そして、実際驚きなのが、スタートメニユーが帰ってくるかもしれないことだ。

Thurrottによると、スタートメニュー ― スタートボタンだけではない。それなら既に戻っている ― が帰ってくるかもしれない。それはおそらく「デスクトップをサポートするバージョン製品のみに表われる」が、デスクトップがなければそもそも必要ないので、これは当然だ。

これらを考え合わせると、Windows RT/Windows Phone OSにデスクトップを入ることがなさそうだということが暗示される。もちろんさらにユーザーインターフェースの統合を進める必要はあるが、兆候は見えてきたと私は思う。

というわけで、Windows統一化のシナリオには、一部SKUに旧機能を取り戻すという新しい妙案が入っているかもしれない。Thurrottはこれを気に入っている。

これとMary JoのSKU情報を合わせると、Microsoftは単独で前進するのではなく、少なくとも正しいことを続けユーザーの苦情に答えようとしている。そしてWindows担当グループの変更を考えれば、既定路線ではない。これは良い兆候だ。

私も概ね同意するが、デスクトップに何かしら焦点を当てればMetro、即ちWindows Storeが犠牲になる可能性がある。それでもMicrosoftは、エンタープライズと消費者両方の顧客を満足させなくてはならず、そこには犠牲も必要だ。

トップ画像提供:Flickr

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

Tags:

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

huang1mu4/alarky
Codecademyは、超画期的でした、でも、今となっては、Codecademyも、他のサイトも、よ…
sykk
記事にもある通り一般ユーザー向けではなく、あくまでこれを必要としている人達に向けた商品であり、その対…
inta_rak_thai
買おうかと悩んだけどやめとこ。高い買い物になってしまいそうだからね。
ああああ
弁当の宅配ってガストやマクドナルドからイオンなどのスーパーも参入して非常に強力なライバルが多いから、…
disqus_oA3h8F0x0v
なれるSEでは機器に寿司ネタ名をつけて判別しやすくしてたりしましたね