Google%E3%80%81Google%20Play%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%A2%E3%81%ABLG%20G%20Pad%E3%80%81Sony%20Z%20Ultra%E3%82%92%E6%8A%95%E5%85%A5%E2%80%95%E4%BE%9D%E7%84%B6%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%AE%E3%81%BF

Google、Google PlayハードウェアストアにLG G Pad、Sony Z Ultraを投入―依然アメリカのみ

これは速かった。LGがうっかり予定期日前に公開してしまったG-PadタブレットがGoogle Playハードウェアストアに今朝早くも登場した。価格も報じられた通り、349ドルだった。さらにSonyのZ Ultraが649ドルでGoogle Play storeのラインナップに加わった。

しかし残念なことに、これらのデバイスがPlay Storeから販売されたのはアメリカ市場だけだ。

G Pad 8.3のスペックは事前の報道の通り(8.3インチ、1920×1200ディスプレイ、1.7GHz クアドコアSnapdragon 600チップセット、2GB RAM、 16GBストレージ)だが、Sony Z UltraのPlay Storeへの登場は青天の霹靂だった。

モデル名になんとなく聞き覚えがある気がするかもしれない。Z Ultraは今年前半にデビューして好評を得たXperia X Ultraのマイナー改訂版だ。Xperiaというブランド名が消えているのは消費者にとってはややわかりにくい。

ブランド認知の面はどうあれ、2.2GHzクアドコアSnapdragon 800、2GB RAM、6.4インチ 1080pディスプレイ、LTEサポートというスペックのZ Ultraは現在、有力なハイエンド・スマートデバイスの一つであり、 これまでのSonyのスマートフォンで間違いなく最優秀な製品だ。長い混迷の後、低価格モデルを切り捨てて再生を図ったSonyが競争激しいスマートフォン市場で失地回復の一歩を踏み出したのを見られて嬉しい。ただしGoogle Playストアで販売されるハードウェアに選定されたといって必ずしもセールスの成功に結びつくわけではない。

Sony、LGの両モデルとも現在すでにアメリカ50州の消費者向けに販売中だ。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

Shun Usami
多方面で取り上げていただきありがとうございます。この夏、アプリを体験し、1日で1000単語の単語学習…
mmgamess
違う。任天堂はハードの利益をソフトの開発費に当てられるからこそ他より高品質なソフトが作れる。ハードを…
Atsuhiro Teshima
単語学習では、なぜか国際展開を全然しないiKnowがレベル高いと思うのでこちらにも頑張って欲しい。英…
名無し
単語を見る→知ってるか知らないかを判別する→それを繰り返して→知ってる単語を増やすという流れですよね…