Amazon%E3%80%81%E7%94%9F%E9%AE%AE%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%92%E6%89%B1%E3%81%86AmazonFresh%E3%82%92%E4%BA%88%E5%AE%9A%E9%80%9A%E3%82%8A%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%81%A7%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%88

Amazon、生鮮食品を扱うAmazonFreshを予定通りサンフランシスコでスタート

以前の記事で扱ったように、Amazonがサンフランシスコでの生鮮食品の取り扱いを開始した。

これまではシアトルおよびロサンゼルスで展開していたが、これをサンフランシスコにも拡大したというわけだ。

サービスの名称はAmazonFreshで、年会費として299ドルが必要となる。会員になれば生鮮食品、肉、乳製品などが即日ないし翌日に配送されるようになる。年会費を払えば、同時にプライム会員としても登録される。

小売界のワンストップサービスを目指すAmazonにとって、生鮮食品の販売というのは新しい可能性を探る実験的意味があるのかもしれない。Amazonは、ターゲットコーポレーションが小売界で成し遂げてきたことを、デジタルの世界で実現しようとしているわけだ。

可能性のひとつとして、生鮮食品の提供を行うことで、利用者が定期的にサイトを訪問するようになるという効果も期待できる。取り扱い製品を次々に拡大していく中、サイトを訪問してくる利用者のついで買い効果なども最大化していきたい考えだ。

競合はと見回せば、ちょうど本日ボストンでサービスを開始したInstacartやWalmartなどの名前があがるだろう。

サンフランシスコに住んでいて、AmazonFreshを試してみようかという方はこちらから手続きを行うことができる。

Screenshot 2013-12-11 15.33.13

原文へ

(翻訳:Maeda, H


Company: Amazon
Website: amazon.com
Launch Date: 1994
IPO: NASDAQ:AMZN

Amazon.com is an American international e-commerce company with headquarters in Seattle, Washington, United States. Founded in 1994, it is the world’s largest online retailer. Jeff Bezos incorporated the company (as Cadabra) in July 1994 and the site went online as Amazon.com in 1995. The company was renamed after the Amazon River, one of the largest rivers in the world, which in turn was named after the Amazons, the legendary nation of female warriors in Greek mythology. Amazon.com started as an...

→ Learn more

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

Ichiro Mizoguchi
Bezosじゃない並の経営者だったら、目先のことだけ考えて莫大な利益出していそうだけど、Bezosは…
神宮司信也
すでに日本では、角川さんや東洋経済さんが、30分程度で読めるものをシリーズ化されていますよね。
quoteq
Androidにはずっと前から対応してたじゃん。
ぴよちゃん
一番上のビデオ、すでに著作権侵害で削除されてるしwww・・・ 大丈夫?
まいのこ☆WEBデザイン
アメブロの上からニョインって出てくる広告(最悪)とか、画面いっぱいに出る広告とか(最悪)、もう本当や…