%E4%BB%8A%E3%82%84%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%96%E8%A8%AA%E5%95%8F%E8%80%85%E3%81%AE61.5%25%E3%81%AF%E3%80%8C%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%88%E3%80%8D%EF%BC%88Incapsula%E8%AA%BF%E3%81%B9%EF%BC%89

今やウェブ訪問者の61.5%は「ボット」(Incapsula調べ)

2012年には、インターネットの全トラフィックの半数強がボットによるものだった。セキュリティーCDNサービス、Incapsula最新データによると、今年はその数字が61.5%にはね上がった。

一見、非道なアタックが増加したことを意味してするかに思えるが、Incapsulaはこの増加の大部分を、言わゆる「良いボット」によるものだと指摘している。例えば検索エンジンの認証済エージェントや類似のツールからの訪問は20%から31%へと増加している。Incapsulaによると、多くの検索エンジンが最近サンプリングレートを上げている。また、一度クロールされたウェブサイトのランクを上げようとするSEOツールが、以前より頻繁にサイトを訪れるようになったこともある。

ボットの約1/3は悪質だが、GoogleのPenguinアップデートがコメントスパムのSEO価値をほぼ無効にしてくれたおかげで、スパムボットの割合は2012年の2%から今年はわずか0.5%に減ったと、同社は言う。

bot-traffic-report-2013

では何が増えたかと言えば、本来の使い方を模倣するロボットだ。Incapsulaは、これらの殆どが「自動スパイロボットか、人間のようなDDosエージェットか、トロイの木馬[ウィルス]に感染したブラウザーだ」と言っている。

一つ注意すべきなのは、Incapsulaはこのデータを自社顧客2万社から集めたという点だ。同社が提供する様々なセキュリティー・サービスに登録するような会社は、必ずしもインターネット全体を代表していない。例えば、頻繁にDDoSアタックを受け、Incapsulaに退治を依頼する必要のある会社はそう多くない。それでも同社のデータは、ボットの数の増加を明確に示している。ただしみなさん自身のサイトでは、かなり事情が異なるかもしれない。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

Yoshifumi Murakami
どうやったら招待できるのか分かりますか?
mh
翻訳が微妙だな。Lightningと旧iPodケーブルで使用出来るみたい。
hokutotelecom
ある国の(名を秘す)タクシー。多分、女性一人では、利用できない。正規のタクシーでも、危険な乗り物。漫…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 146 other followers