asm.js%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%82%B6%E4%B8%8A%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%82%A4%E3%83%B3%E4%B8%8D%E8%A6%81%E3%81%AE%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%92%E5%88%9D%E3%82%81%E3%81%A6%E5%95%86%E7%94%A8%E5%8C%96%E3%81%97%E3%81%9FNomNom%20Games

asm.jsによるブラウザ上プラグイン不要のハイスピードゲームを初めて商用化したNomNom Games

今年の初めにEpic GamesとMozillaが披露したデモは、Epicの人気ゲームエンジンUnreal Engineが、プラグイン要らずでブラウザ上で動く、というものだった。それはMozillaのJavaScriptサブセットasm.jsとLLVM-to-JavaScriptコンパイラEmscriptenを使用し、asm.jsプロジェクトとWebGLによる3D技術でどこまでのことがブラウザ上でできるかを示す、デモだった。これまでのところ、これらの技術によるプロジェクトはほとんどすべてが、デモだった。しかし今日(米国時間12/12)、Trendy Entertainmentの子会社NomNom GamesがローンチしたMonster Madnessは、Unreal Engine 3とMozillaの技術を使った初めての商用ゲームだ。

予想どおり、このゲームは、最近asm.jsを完全にサポートするようになったFirefoxで動かすとベストだが、ChromeやOperaの上でも快調だ。なお現在はアルファだけど、そのマルチプレーヤー成分も含めて誰でもトライできる。

この、完全ブラウザバージョンのMonster Madnessは、Mozillaによると、約1週間で完成した(ただしEpicやMozillaも技術的支援を提供)。

asm.jsとEmscriptenは当然ながら、デベロッパが彼らのCやC++による資産の多くをJavaScriptにポートする作業を助け、しかもその結果はネイティブに近いスピードで動く。これまでC/C++に偏重していたのも、JavaScriptなど従来のWeb技術の枠内では必要とするパフォーマンスを得られないからだった。

Mozillaは、これらの技術を主流的な技術として普及させるための手段として、最初はゲームにしぼっている。しかし、asm.jsから得られるパフォーマンスの向上効果は、ゲーム以外のほかのコンテンツにも生かせるはずだ、と同団体は言っている。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

bd089p
指紋認証と暗証番号なんて誰でも思いつくアイデアだと思うんだけど、彼のアイディアには何か新規性があった…
おっぷる
明るいところはかなりイイネ。暗いところは相変わらずゴミだな。Z2の方が全然良い。
nekokun
2014年現在それぞれのサービスはまだ生き続けているし、売り上げも拡大しています。現在のwebサービ…
Hitoshi Anatomi
それが楽観的に期待できそうもないのでね。今まで見てきたものは全て拒否された時には暗証番号で解除できる…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 122 other followers