%E3%80%8CCreative%E3%80%8D%E3%81%AF%E3%82%82%E3%81%86%E5%8F%A4%E3%81%84%E3%80%82LinkedIn%E3%81%A7%E3%81%AF%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E6%AC%84%E3%81%AB%E3%80%8CResponsible%E3%80%8D%E3%81%A8%E8%A8%98%E3%81%99%E3%81%AE%E3%81%8C%E6%B5%81%E8%A1%8C%E4%B8%AD%EF%BC%88%E6%B5%81%E8%A1%8C%E8%AA%9E%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%9710%E4%BB%98%EF%BC%89

「Creative」はもう古い。LinkedInではプロフィール欄に「Responsible」と記すのが流行中(流行語トップ10付)

LinkedInのプロフィールに「creative」であると記すのがはやった時代は去ったようだ。

LinkedInは2013年に多く使われたバズワードを発表した。これは登録利用者のプロフィール欄に登場する頻度によりランキングしたものだ。2011年と2012年については、最も多く利用されたのは「creative」の語だった。しかし今年についていえば「responsible」(責任者)の語が「creative」を上回ったそうだ。自ら「creative」を名乗るよりもまっとうな自己表現タームではあるが、しかしその分インパクトに欠ける用語であるかもしれない。

個人的にはLinkedInのプロフィールにウケそうな形容詞を入れて内容を膨らませるのはどうかと思う。ただ、そういう私のプロフィールには「I write stuff」というようなわけのわからない記述がある。すなわち人のプロフィールに云々言う資格など全くなさそうではある。ただし、LinkedInのプレスリリースにて、LinkedInのキャリアエクスパートであるNicole Williamsもプロフィールにバズワードを入れるべきでないと話していた。「目立つ言葉を入れないと他の人に対する比較優位が保てないということならば、そもそも他の人に対する比較優位など存在しないのです」とのこと。

下にLinkedInでしばしば登場するバズワードのリストを掲載した。これをみて、自分のプロフィール文中にいくつも使っているという人がいるかもしれない。そういう人に対しては、LinkedInは他の人からの推薦を多く得るのが有効だともアドバイスをしている(ときに手当たり次第に推薦してくれと依頼されることもあり、こうしうた方法もどうかと感じてはいる)。推薦してもらう中で、実際に「creative」であったことを示したり、あるいは「responsible」な仕事をしてきたことを示すことができるわけだ。また、興味のある仕事や企業、ないし産業に対して(バズワードを使うのでなく)より適切なアピールの方法を工夫することも大切だとしている。

ともかく。以下によく使われる用語のトップ10を掲載しておこう。

1. Responsible
2. Strategic
3. Creative
4. Effective
5. Patient
6. Expert
7. Organizational
8. Driven
9. Innovative
10. Analytical

原文へ

(翻訳:Maeda, H


Company: LinkedIn
Website: linkedin.com
Launch Date: May 5, 2003
IPO: NYSE:LNKD

LinkedIn is the world’s largest professional network on the internet, with more than 259 million members worldwide, including executives from Fortune 500 companies. Founded on May 5, 2003, by Reid Hoffman and founding team members from PayPal and Socialnet.com, LinkedIn connects the world’s professionals to make them more productive and successful. The site enables users to build a contact network consisting of their direct connections, the connections of each of their connections, as well as the connections of second-degree connections....

→ Learn more
Tags:

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

れお@今日からイケメンになる
chromebookの場合、機能を使うことによって生徒の設定を一括操作できるので、かなり安心できると…
Ichiro Mizoguchi
実際にDroneでの配送が始まったら、どこかの星からUFOが来たとしても、みんな「また、Droneが…
【公式】SHAKE100 運営チーム
お越しいただきありがとうございました!SHAKE100運営チームです。Facebook(…
Hitoshi Anatomi
屋外利用時の他人受容率がほぼゼロになるような閾値で運用した時の本人拒否率が問題ですね。これもほぼゼロ…
Ichiro Mizoguchi
みんながALSのことをこれで認知するだろうから、今後は、『継続的な支援』につながる取り組みに変貌して…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 118 other followers