%E3%81%9F%E3%81%BE%E3%82%8A%E3%81%99%E3%81%8E%E3%81%9F%E5%86%99%E7%9C%9F%E3%82%92%E4%B8%80%E6%9C%AC%E3%81%AE%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%AA%E3%81%AB%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81%E3%82%8BReplay%2C%20%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%82%82%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E3%82%82%E3%81%82%E3%82%8B

たまりすぎた写真を一本のビデオにまとめるReplay, フィルタも音楽もある

アプリのデベロッパにビデオツールを提供しているStupeflixが、Replayと名づけた自社製モバイルアプリをローンチした。

デベロッパをユーザとする企業がアプリを立ち上げる場合は、それが概念証明であることが多い。“ほら、こんなことができるんだよ”というわけだが、でも今回のアプリは、協同ファウンダのJeff Boudierによると、正真正銘、消費者のニーズに応えたアプリを、同社の豊富なビデオ技術の持ち球を駆使して作ったものだ。

“共有魔といわれる人たちでも、自分の写真の10%ぐらいしか共有していない。残りはカメラロールの中で死んでしまう。それをなんとかしたかったのだ”、と彼は言う。

そこでReplayは、大量の写真を一本のビデオにまとめてくれる。スライドに似ているが、活気があって楽しい。コンセプトはAnimotoに似ているが、それは同社によるとこれまで100万回以上ダウンロードされ、今でもまだ単純化の努力を続けているそうだ。

ぼくは自分のiPhoneでAnimotoを使ってみたことはないが、 Replayはたしかに使いやすい。ビデオに入れたい写真を指定し、フィルタと音楽を選び、写真の順序を指定する。ぼくの場合はたまたま写真が5つしかなくて、しかもその中の2つはレシートだったから、できあがったビデオは人と共有する価値がない(いや、ほんまに)。でもこのアプリのおまけ機能(フィルタ、音楽など)は、とてもよくできてると思う。

“うちのビジョンは、ビデオによる表現を誰もが簡単にできるようにすることだ。このアプリも、そのビジョンの実現だ”、とBoudierは言う。

Replayは現在iOSのみだ。Androidバージョンは来年のQ2かQ3に出す、という。Boudierが今熱中しているのは、iPhoneにできることを100%しゃぶりつくすこと、だそうだ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

広告

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 132 other followers