2013%E5%B9%B4%E6%9C%AB%E3%80%81XP%E3%81%AE%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%81%AF%E5%A4%A7%E5%8F%B0%E3%81%AE30%25%E3%82%92%E5%89%B2%E3%82%8A%E8%BE%BC%E3%81%BF%E3%80%81Windows%208.x%E3%81%AF%EF%BC%88%E3%82%88%E3%81%86%E3%82%84%E3%81%8F%EF%BC%8910%25%E3%82%92%E7%8D%B2%E5%BE%97

2013年末、XPのシェアは大台の30%を割り込み、Windows 8.xは(ようやく)10%を獲得

Net Applicationsの記事によれば、Windows 8.xのシェアが2013年12月時点で10%を超えたのだそうだ。Windows 8が6.89%で、Windows 8.1の方が3.60%であったとのこと。この両者を加えると10.49%ということになる。

ちなみに2013年12月にはWindows 7もシェアを0.88%伸ばしている。シェアを下げたのはWindows XPだ。2.24%下げて28.98%となり、ついに30%の大台を割ることとなった。但し、伸びてきているとはいえ、Windows 8.xのシェアはMicrosoftの思惑からすれば低めなのだろうと思われる。企業利用者には、Windows XPの終了を受けてWindows 7に乗り換えたというところも多いようだ。

ちなみに、Windows 8.1へは無料でアップデートできるにも関わらず、Windows 8のシェアが0.23%伸びているというのは、ある意味で面白いところだ。ちなみにWindows 8.1のシェアは0.96%の伸びとなっている。

そういえばMicrosoftは以前、Windows Storeからのダウンロード数データの詳細を開発者向けポータルで提供していた。この数値を見れば、シェア拡大がアプリケーションダウンロード数にどのように繋がっているのかを見ることが出来るはずだ。しかし試してみようと思ったところが、どうやら提供が停止されているようで、データをダウンロードすることができなかった。

データの提供が永久的に停止されたのであれば、シェアの拡大が、どのようにWindows Store上のユーザー行動と結びついているのかを検証することができない。Microsoftにはぜひデータ提供を再開してもらいたいものだ。

Windows XPのサポートが終了する今年に向けて、Windows 7はシェアを伸ばすこととなった。Windows 8.xも新たな飛躍を狙っているはずだ。まずは二桁シェアを獲得して新年をスタートすることとなった。まずまずのスタートと言えるのではないかと思う。

Top Image Credit: Flickr

原文へ

(翻訳:Maeda, H


Company: Microsoft
Website: microsoft.com
Launch Date: April 4, 1974
IPO: NASDAQ:MSFT

Microsoft is an American multinational corporation that develops, manufactures, licenses, supports and sells computer software, consumer electronics and personal computers and services. Its best known software products are the Microsoft Windows line of operating systems, Microsoft Office office suite, and Internet Explorer web browser. Its flagship hardware products are Xbox game console and the Microsoft Surface series of tablets. Headquartered in Redmond, Washington, Microsoft is the world’s largest software company in terms of revenue. It is also considered one of...

→ Learn more

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

名無し
単語を見る→知ってるか知らないかを判別する→それを繰り返して→知ってる単語を増やすという流れですよね…
そーみ
覚えてもすぐ忘れそう。まあ、繰り返しが大切だね。
Ichiro Mizoguchi
なぜにmikan という名前なんでしょうか。学習効果高そうなので、名前付けの理由気になりますねぇ。
kazuki himura
一事業人員を半減させる思い切り。ベストプラクティスの拡充では限界。どんどん新しくですね。