2013%E5%B9%B4%E6%9C%AB%E3%80%81XP%E3%81%AE%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%81%AF%E5%A4%A7%E5%8F%B0%E3%81%AE30%25%E3%82%92%E5%89%B2%E3%82%8A%E8%BE%BC%E3%81%BF%E3%80%81Windows%208.x%E3%81%AF%EF%BC%88%E3%82%88%E3%81%86%E3%82%84%E3%81%8F%EF%BC%8910%25%E3%82%92%E7%8D%B2%E5%BE%97

2013年末、XPのシェアは大台の30%を割り込み、Windows 8.xは(ようやく)10%を獲得

Net Applicationsの記事によれば、Windows 8.xのシェアが2013年12月時点で10%を超えたのだそうだ。Windows 8が6.89%で、Windows 8.1の方が3.60%であったとのこと。この両者を加えると10.49%ということになる。

ちなみに2013年12月にはWindows 7もシェアを0.88%伸ばしている。シェアを下げたのはWindows XPだ。2.24%下げて28.98%となり、ついに30%の大台を割ることとなった。但し、伸びてきているとはいえ、Windows 8.xのシェアはMicrosoftの思惑からすれば低めなのだろうと思われる。企業利用者には、Windows XPの終了を受けてWindows 7に乗り換えたというところも多いようだ。

ちなみに、Windows 8.1へは無料でアップデートできるにも関わらず、Windows 8のシェアが0.23%伸びているというのは、ある意味で面白いところだ。ちなみにWindows 8.1のシェアは0.96%の伸びとなっている。

そういえばMicrosoftは以前、Windows Storeからのダウンロード数データの詳細を開発者向けポータルで提供していた。この数値を見れば、シェア拡大がアプリケーションダウンロード数にどのように繋がっているのかを見ることが出来るはずだ。しかし試してみようと思ったところが、どうやら提供が停止されているようで、データをダウンロードすることができなかった。

データの提供が永久的に停止されたのであれば、シェアの拡大が、どのようにWindows Store上のユーザー行動と結びついているのかを検証することができない。Microsoftにはぜひデータ提供を再開してもらいたいものだ。

Windows XPのサポートが終了する今年に向けて、Windows 7はシェアを伸ばすこととなった。Windows 8.xも新たな飛躍を狙っているはずだ。まずは二桁シェアを獲得して新年をスタートすることとなった。まずまずのスタートと言えるのではないかと思う。

Top Image Credit: Flickr

原文へ

(翻訳:Maeda, H

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

Shun Mori
骨系や歯の場合の方が臓器や柔らかい細胞と違って3Dプリンティングし易いかな・・マウスや羊の実験結果を…
Yoshifumi Murakami
どうやったら招待できるのか分かりますか?
mh
翻訳が微妙だな。Lightningと旧iPodケーブルで使用出来るみたい。
hokutotelecom
ある国の(名を秘す)タクシー。多分、女性一人では、利用できない。正規のタクシーでも、危険な乗り物。漫…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 146 other followers