マイケル・ベイ監督、CESステージでの失態は彼の責任ではなかった

次の記事

Epson、企業・スポーツ観戦向けスマートグラスを発表

まるで話題が先行しすぎた夏の大型映画作品のように、マイケル・ベイのCES 2014デビューは失敗に終った。しかし、どうやら悪いのは彼ではなかったようだ。この有名映画監督は、Samsungの演出過剰のやりすぎCES 2014プレス会見に参加していた。彼はステージに呼ばれてSamsungの新しい曲面4Kテレビについて話し、この新しい形状と技術がいかに彼の映画を生き生きとさせるかを強調するはずだった。しかしそれは成らなかった。上のビデオの通りだ。

監督の名誉のために言うと、これは彼の責任ではない。彼が少し話した後、テレプロンプターが正しいテキストを映し出さなくなった。彼は注意深く言葉が選ばれていた台本を読めなくなった。そして諦めた。

アップデート:マイケル・ベイは自身のブログで、同製品の支持を続けることを表明した。「ライブショウは私には向いていないようだ」。

巨大消費者電気メーカーは、次々とハリウッドスターをCESに連れてくる。スターのわずかな時間と引き換えに、膨大な出演料とパブリシティーを提供する。これらの会社は、ブランドネームによる自社製品のお墨付きが欲しいのだ。しかし、思ったようにならないこともある。

トム・ハンクスは、2009年のSonyのプレス会見ですばらしいパフォーマンスを見せた。ご覧あれ。最高だ。

lady gaga 2

Polaroidは2010年に、新しいカメラ製品の発表にレディー・ガガを起用した。彼女は2時間遅刻して単語を5つほど話した。さらに悪いことに、彼女がデザインに関わったとされるそのカメラは、コンセプトと似ても似つかぬ外見になっていた

Monster Cableが2009年に初めてドクター・ドレーと契約した時、彼らはプレスインタビューを共同開催した。はっきり言って、当時ドクターは彼のヘッドホン・ベンチャーにあまり興味を持っていないようだった。

balmer 2

そして、昨年、2013年にQualcommの基調講演が時代を越えるドタバタ喜劇に転じたことを忘れてはならない。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在227人フォロワーがいます。