ces 2014

Netflix、LGスマートTV向けに人気テレビ番組を4Kストリーミング

次の記事

LG、LINEと提携してスマート家電をチャットでコントロール―冷蔵庫がビールが何本残っているか教えてくれる

今日(米国時間1/6)CESで、LGはNeflixのCEO Reed Hastingsを壇上に招き、自社の超高解像度4Kテレビの購入者は、その画面の特徴を実際に生かしたコンテンツを見られることを発表した。Hastingsは、4Kで撮影、編集された “House of Cards” を今年からその解像度でリアルタイムにストリーミングすると告知した。

以前からNeflixは、今年4Kストリーミングが可能になると発表していたが、LGはその先行パートナーとなり、Hastingは基調講演の中で、NetflixはLGと共に、家庭メディア機器へのストリーミングに新境地を開拓するために何年にもわたり協力してきたと語った。最初はスマートBlu-rayプレイヤー、次にそれをテレビに内蔵し、今度は4Kコンテンツによって放送メディアを飛躍させようとしている。

しかし、4Kストリーミングが帯域を圧迫することは間違いなく、それは負荷の増加に対応する強力な計画が必要であることを意味しているが、少なくともこれで、人々はこれらの高価な新ガジェットで見るものを何かしら手にすることができる。4Kをサポートするために、NetflixはHEVC(H.265)ストリーミングを約15Mbpsで使用する。さらにHastingsは、webOSのネイティブウェブ統合も賞賛した。これはLGの新スマートTVプラットフォースの基盤をなすものであり、現在インターネットで見慣れているあらゆるコンテンツを、最良の形で家庭に持ち込む優れた方法だ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在230人フォロワーがいます。