ces 2014
android camera
Socialmatic
Polaroid

Android搭載カメラと小型プリンターを一体化して世に問うPolaroid Socialmatic

次の記事

データ分析SaaSで農業経営を助けるVitalFieldsが€500Kを調達

懐かしのPolaroidブランドは、まだ死に絶えてはいない。ポラロイドのコンセプトが、再びPolaroid Socialmaticとして登場してきたのだ。14メガピクセルのカメラと4.5インチのタッチスクリーンLCDディスプレイ、Android、Zero Inkプリンター、そしてwi-fiとBluetoothに対応している。価格は299ドルだ。既にスマートフォンを所有している人が、この価格でわざわざ手を伸ばすのかどうか、少々微妙な値付けであるように思える。

プロダクトの大きなウリは印刷機能と共有機能だ。背面カメラないし2メガピクセルの前面カメラで撮影すると、内蔵のWi-Fi機能を使ってFacebook、Twitter、あるいはPinterestで写真を共有することができる。そのためのアプリケーションは予め用意されている。そして小さいながら(2インチ×3インチ)も印刷することもできる。

印刷した写真の隅にはQRコードが印刷され、Polaroidサーバー上での、Socialmatic利用者間で交流したり、あるいはサーバーの写真を取り込んで印刷したりすることができるようになっている。なるほど、面白いアイデアではあるが、写真自体を楽しみたい場合には、少々邪魔に感じることもあるかもしれない。

Androidで動作するそうなので、ほとんどの人はInstagramをインストールすることになるだろう。そして、やはりInstagram専用カメラ的な使われ方がメインになるような気もする。そうであるならば、QRコードは無用の長物ということになりそうな気もする。

内蔵メモリーは4GBで、Micro SDのスロットも用意されている。外出先で写真の共有を行う場合は、ネットワークに対応した携帯端末に写真を移してから行うか、あるいはスマートフォンのテザリング機能を活用してアップロードすることになる。

InstagramPolaroid Socialmatic(原文、Instagramになっていますが、Polaroidが適当かと思われますので変更しておきます。コメント頂いた方、ありがとうございました)は、PLR IP Holdings、C&A Licensing、Socialmatic、ZINK Imagingが生み出したものだ。これらはPolaroid Corporationの遺産ともいえる企業群で、ポラロイドのネームバリューや特徴的な外見をもって、新プロダクトを市場に問おうと考えているわけだ。この試みが成功するかどうかは、今後の動きを見てみたいと思う。

原文へ

(翻訳:Maeda, H

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在258人フォロワーがいます。