Google%E3%81%8C%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%90%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%81%AE%E5%A4%89%E6%9B%B4%E3%81%AB%E5%BF%9C%E3%81%98%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%81%A7%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%81%AF15%E4%B8%87%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%81%AE%E7%BD%B0%E9%87%91%E3%82%92%E6%B1%BA%E5%AE%9A

Googleがプライバシーポリシーの変更に応じなかったのでフランスは15万ユーロの罰金を決定

昨年の最終四半期(会計年度第三四半期)に149億ドルの売上を報告したGoogleが、今日(米国時間1/8)はフランスのデジタルプライバシー監視機関CNILから15万ユーロの罰金(20万ドルあまり)を宣告された。付随してGoogleは、今後8日以内にgoogle.frが採用する新方針を書面で提示しなければならない。

2012年の初めにGoogleは、これまで各アプリケーションごとだったプライバシーポリシーを単一化し文書化した。EUのデータ保護当局はGoogleのこの方針変更を調べて、それを違法と判断し、Googleに方針の変更を何点か求めたが、Googleはそれに応じなかった

フランスがGoogleに求めたのは、EU当局よりも少ない変更で、その要求は、データ保持期間の定義、ユーザデータを組み合わせて利用することへの制限、受動的なユーザデータ(ユーザが意志的に提供したのではないデータ…各種閲覧履歴など)の公正な収集と処理、などを含んでいた。

CNILやEUのそのほかのデータ監視当局は、一斉に執行手続きを開始し、1月3日にこのささやかな罰金を決定した。

Googleの今の大きさなら、15万ユーロは痛くもかゆくもないだろう。むしろこの額は、専門の弁護士たちが計算した額より小さいのである。たとえばSafariのプライバシー設定をGoogleが無視しバイパスしている件で合衆国の連邦通信委員会(FTC)は、2200万ドルを要求した。ユーザの個人データを濫用したとしてスペインは最近同社に、90万ユーロの罰金を課した。

しかしフランスの場合は、CNLIの最大賦課額が15万ユーロと決まっているようで、しかし3か月以内にGoogleがプライバシーポリシーの変更を行わなかった場合にはさらに30万ユーロが賦課される。CNILによると、これは同機関が発令した罰金として過去最高の額だそうだ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

Hitoshi Anatomi
紙の上では2>1ですが、実生活では違います。ひ弱な少年二人が同時にかかっても強い格闘家にかかると一蹴…
Ichiro Mizoguchi
XPが動いている古いPCでもある範囲の利用には耐えられるってことも大きいんじゃないかな。PC自体を入…
TATSU
スマートウォッチが丸か四角かなんてどうでもいいことだ。そんなことは問題じゃない。さらにそんな小さな画…
Aheahead
現段階では便利な道具というよりは面白ガジェットだと思うので、丸い方が新鮮で良いかな、と思います丸い画…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 120 other followers