%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%A7%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%8F%E5%AE%85%E6%80%A5%E4%BE%BF%E3%81%A7%E7%89%A9%E7%90%86%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%82%92%E9%80%81%E3%82%8B%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9%3B%20IDrive%E3%81%AEIDrive%20Safe

オンラインアップロードではなく宅急便で物理ドライブを送るバックアップサービス; IDriveのIDrive Safe

クラウド上のストレージとデータバックアップサービスを提供しているIDriveが今日(米国時間1/9)、新たに長期のアーカイブサービスを立ち上げ、それにはユーザがデータを物理ドライブで送ることができる、と発表した。

その新サービスの名前はIDrive Safeで、料金プランは1TBまでの永久保存が年額99.5ドル、1TBまでを毎年アップデートするバックアップは年額199.5ドル、毎月物理ドライブを送る方式では最大13TBまでで999.5ドルとなる。IDriveの通常のハードディスクベース(自己ドライブ)のバックアップの場合と同じく、ユーザは同社から送られてきた1TBのUSBドライブにバックアップしていく。そのドライブに書き込まれるデータを256ビットのAESで暗号化するオプションもある。

同社の期待としては、定期的にドライブを送る習慣があると、ユーザは定期的なバックアップをまじめにやるだろう、という。

ただしこの方式でIDriveに送ったデータは、通常のバックアップと違って、とくにリクエストしないかぎりオンラインで入手できない。まあ、だからこそ、料金を通常のバックアップよりも相当安くできるのだ。ユーザは、その不自由を覚悟しなければならない。

しかしデベロッパのチームを抱える企業にとっては、Amazon Glacierのようなものの方が長期的なストレージとして使いやすいだろう。Amazonのこのサービスでも、ユーザは物理ドライブを送ることができる。でもふつうの企業や個人にとっては、通常のオンラインサービスに加えてこのようなオフサイトのオプションがあると、IDriveをより便利に利用できるだろう。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

Tags: ,

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

TD
イベント日にアクティブユーザーが増えるのは想像できるんですが、ダウンロード数が増える(Appstor…
mmgamess
ドラゴンポーカーはアソビモじゃなくてアソビズムですよー
Inetgate
「官廷」は「官邸」のtypoだと思われ
UNKNOWN
Morpheusは結局Oculusとほぼ同じなので視線追跡を追加したFOVEには注目していきたいです…