HTML5%E3%81%AECanvas%E3%81%A7%E5%AE%9F%E8%A3%85%E3%81%97%E3%81%9FMicrosoft%20Office%E4%BA%92%E6%8F%9B%E3%83%89%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%84%E3%83%BC%E3%83%ABTeamLab%E3%81%AF%E5%84%AA%E3%82%8C%E3%82%82%E3%81%AE

HTML5のCanvasで実装したMicrosoft Office互換ドキュメントツールTeamLabは優れもの

オンラインドキュメントエディタのGoogle DocsやZoho Docsなどはかなり前から、これでやっとあなたはMicrosoft Officeをご自分のデスクトップから根絶できる、と約束していた。しかし複雑なドキュメントの編集やMicrosoftのファイルフォーマットとの完全な互換性という点では、Webベースのエディタはまだまだ不十分と言わざるをえない。その有利な差別化要因は言うまでもなく、クラウドによるドキュメントの共有とコラボレーションだが、Microsoftも最近そのことに気づき、Office 365と、それに付随するWebベースのドキュメントビューワやエディタにそんな機能を盛り込んできた。

そういう局面に登場してきたのが、ロシア生まれで無料でクラウドベースのOfficeスイートTeamLab Personalだ。それは実装にHTML5のCanvas成分を使用し(参考情報)、同社の主張では、GoogleのオンラインコラボレーションとMicrosoft Wordの高品質な文書形式の良いとこ取りをした製品だ。下のビデオはやや宣伝臭が強いが、本当にこのとおりなら、あなたはオンラインのMicrosoft Office 365すら‘根絶’できるだろう。

TeamLabのPersonal版では、テキストとスプレッドシートとプレゼンテーションの編集ができる。機能的にはWordとExcelとPowerPointのそっくりさんで、それプラス、オンラインの共同編集とコメントの機能がある。HTML5のCanvasで実装するという果敢な試みによって、同社によれば他社の既存のオンラインワープロにない機能を提供できた、という。

それらはまず、表示されるドキュメントのスタイル、段落、記号、行間などなどが、OSやブラウザによって違わない、同じであること。インポートしたドキュメントに関しても同じ。印刷結果も同じだ。そして表の処理や行間、ノンブル、本文とヘッダのスタイルなどで選択肢が多いこと。複数ページのレポートでもドキュメントのスタンダードを維持できること。複数の言語をサポートし、ヒエログリフも使えること。などなどだ。

TeamLab PersonalにはFacebookやGoogleのアカウントからサインインし、クラウドストレージはGoogle Drive、Dropbox、SkyDrive、Boxなど自分にアカウントのあるものを使える。一つ選べば、そこがユーザのワークスペースになる。無料バージョンを提供できるのも、こういったサードパーティのストレージサービスとの連携(一種のアフィリエイト)があるためのようだ。

上のビデオでおもしろいのは、TeamLabのドキュメント処理能力はどの面においてもGoogleやMicrosoftより優れているのだが、しかし三つとも仕事は完璧ではない。だから、勝負はむしろこれからなのだ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

Tags:

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

shigtak
GOPRO株主としては、ぜひ成功してほしい、続報を期待しています。
神崎渉瑠
7インチタブレットは多くの紙製手帳と同じ幅ということもあり使いやすいと思うが、ベゼルが大きいから非…
アサギマダラ
へえ、これは良いなぁ。これに続いて公共無線がもっと普及してくれればさらに……だけど
abology
كشف تسربات المياه نقل اثاث بالرياض تخزين اثاث…
Steve Jobs
ocnモバイルoneのsimカードlg g3で使えますか?
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 140 other followers