Winamp

ラマに安住の地― AOL、WinampとShoutcastを500-1000万ドルでベルギーの音楽サービス、Radionomyに売却

次の記事

ホリエモンが新たにプロデュースするのは焼き肉を通じた出会い系アプリ

一度死の瀬戸際に追い詰められた老舗の音楽サービス、WinampShoutcastがとうとう新しいオーナーを見つけることに成功した。デジタル・オーディオ・ビジネスのRadionomyが両方のメディアをAOL(TechCrunchの親会社)から買収することが公式に発表された。信頼できる筋の情報によると、この買収の支払いはキャッシュと株式の双方で行われた。金額は500万ドルから1000万ドルの間で、AOLはRadionomyの株式の12%を受け取ったという。

1999年にAOLがNullsoftからWinampとShoutcastを買収したときの価格は8000万ドルだった。

AOLがRadionomyの株式を所有することになったのは「戦略的な目的ではなく、経済的なもの」だそうだ。

2013年の12月20日にAOLが両サービスの廃止を決めた後、さまざまな買収の噂が流れ、その間、廃止は延期されていた。

両サービスのドメインがRadionomyのサーバに移管されたことからしてWinampとShoutcastは今後も運営が続けられるものとみられる。

Shoutcastを得たことによってRadionomyは世界でも最大のラジオ・ストリーミング・サービスの一つとなった。Radionomyは6万のインターネット・ラジオ局を配信することになるが、これはすべてのオンライン・ラジオのほぼ半数に相当する。

ベルギーのブリュッセルとニューヨークにオフィスを置くRadionomyのファウンダー、CEOのAlexandre Saboundjianは「この買収は(AOLとの戦略的関係の構築ではなく)単にプロダクトとテクノロジーの取得が目的だ」と語った。AOLで両サービスを担当している人員は極めて少なく、それも契約社員だという。

Radionomyはこれまでに700万ドルを調達しているが、業務拡大のために今後数ヶ月以内にさらに資金調達を計画している。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在245人フォロワーがいます。