Runnable%E3%81%AE%E4%B8%8A%E3%81%ABGoogle%E3%81%8CDart%E5%B0%82%E7%94%A8%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%92%E4%BD%9C%E3%81%A3%E3%81%9F%E2%80%A6%E6%96%B0%E8%A8%80%E8%AA%9E%E3%81%AE%E8%A9%A6%E7%94%A8%E3%81%8C%E5%AE%B9%E6%98%93%E3%81%AB

Runnableの上にGoogleがDart専用チャネルを作った…新言語の試用が容易に

Googleが将来的にJavaScriptを駆逐すべきものとして推しているDartは、昨年11月にバージョン1.0に達した。しかし、同じくGoogleのGo言語は急速に人気が盛り上がっているが、Dartはいまいちだ。Dartをなんとか普及させたいGoogleは今日(米国時間1/16)、“コードのYouTube”と呼ばれるサンプルコード発見サイトRunnableが最近設けたCode Channels*を利用する初のフレームワークとして、Dartチャネルを設けた。〔*: YouTubeの‘チャネル’にほぼ相当。〕

数か月前にローンチしたRunnableは、YouTubeと違ってビデオではなくコード片のライブラリをホストし、しかもそれらのコードやユーザによるその編集結果は、同サイト上で実行できる(だから‘Runnable’)。これまではRunnableのチームが投稿されるコードを一つ一つ調べて掲出していたが、今度新たに設けたCode Channelsは、個々のベンダやオープンソース組織などの専用のコード掲出場所となる。そのためユーザであるデベロッパは、特定のフレームワーク(たとえば新しい言語)を試用しやすくなり、そしてまさにその点に、Dartのチームは飛びついたのだ。

Screen Shot 2014-01-15 at 10.50.21 AM

RunnableのCEO Yash Kumarは、今日の声明文の中でこう言っている: “Googleが新言語Dartをホストする場としてRunnableを選んでくれたことは、とても喜ばしい。Dartは弊社の、たえず成長しているコードライブラリのきわめて重要な一員となり、当サイトの、デベロッパにとっての利用価値を一層高めるだろう。またそれはCode Channelsの利用例としても非常に優れており、どんな企業でもデベロッパでも自分のフレームワークやコードを外部デベロッパに見つけてもらい、利用してもらう場所として利用できる、というチャネルの有用性を、Dartチャネルが実証するだろう。当サイトでユーザが、Dartではこんなこともできる、というコード例をたくさん投稿されることを、期待したい”。

ただしDartコードを実行する仮想マシンは今のところChromeの実験的なビルドであるDartiumでしか使えないから、Runnable上のDartのコードサンプルはDartをJavaScriptへコンパイルするdart2jsに頼ることになる。それにより、Dartで書いたコードは、ほかのブラウザでも動くようになる。

Googleが新言語普及活動の一環としてRunnableを選んだことは、Runnableにとっても大きな前進だ。それは同サイトのサービスモデルが広く認められたことを意味し、今後はさらに、いろんなベンダやフレームワークが同サイトを…自己チャネルの創設・利用者として…利用していくことにつながるだろう。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

みう
未成年が利用できること自体が間違い
abology
good shareتسويق إلكترونى غسيل خزانات شركة نقل عفش…
Shun Mori
骨系や歯の場合の方が臓器や柔らかい細胞と違って3Dプリンティングし易いかな・・マウスや羊の実験結果を…
Yoshifumi Murakami
どうやったら招待できるのか分かりますか?
mh
翻訳が微妙だな。Lightningと旧iPodケーブルで使用出来るみたい。
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 146 other followers