Googleの新しいスマートコンタクトレンズは、Microsoftにとっては古いニュース

次の記事

Google、スマート・コンタクトレンズを発表

Googleは今日(米国時間1/16)スマート・コンタクトレンズプロジェクトを発表したが、これは初めてでも何でもない。他の会社もずっと以前から取り組んでいた ― Microsoft Researchを含む。同社は2011年に類似のプロジェクトを、現在Google Xで働くある人物と共同研究していた

Babak Parvisは、かつてワシントン大学教授だった頃、Microsoft Researchと共同研究を行っていた。彼は初めてスマートコンタクトレンズに取り組んだ一人だ。現在はGoogleに所属して、Google Glassとスマートレンズのプロジェクトを担当している。

しかし、Microsoft Researchではよくあるように、このプロジェクトからは何も生まれていないようだ。

これはMicrosoftが2011年にこのプロジェクトを紹介するために作ったビデオだ。

もう一つ、すでに市場に出ているスマートコンタクトレンズがあることも言っておくべきだろう。グルロースの測定はしないが、例えばSensimed Triggerfishという使い捨てコンタクトレンズは、緑内症患者を個別治療するためにセンサーで目の変化を測定する。このテクノロジーはヨーロッパで2010年以来利用されているが、米国で販売するためのFDA認可は取得していない。

sensimed_lens

さらに、スウェーデンのマルモ大学のチームは、Googleと似たレンズを開発し、涙で動作する燃料電池を利用している。他にも米国内外で類似のプロジェクトが進められている。

もちろんこれが科学というものだ。様々なチームが互いのアイデアを共有して公表する。「もしエレクトロニクスを極小化できれば・・・涙液グルコースの謎を解き、高精度で測定する方法が見つかるかもしれない」と思ったのはGoogleが最初ではなかった。彼らの前に月に行った人間は他にいた。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在240人フォロワーがいます。