Google%E3%81%AF%E3%83%AA%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%87%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA%22Chromoting%22%E3%82%92iOS%E5%90%91%E3%81%91%E3%81%AB%E3%82%82%E9%96%8B%E7%99%BA%E4%B8%AD

Googleはリモートデスクトップアプリ”Chromoting”をiOS向けにも開発中

Google ChromeのベースであるオープンソースのブラウザプロジェクトChromiumの本拠地Chromium.orgで目にとまったメッセージには、”Chromoting”アプリケーションをiOSデバイス向けに開発中だ、と書かれている。このアプリを使うと、iPhoneやiPadなどから自分のコンピュータをコントロールできる。Androidバージョンも昨年以来開発中だ、と報じられていた

これらモバイル上のクライアントアプリケーションは、Googleがかなり前から手がけている画面共有とリモートアクセスのサービスChrome Remote Desktopの展開の一環だろう。これは2012年秋にベータを終えている。未だに全然騒がれないChromeアプリケーションだが、これを使うと自分のコンピュータをWeb上でセキュアに共有してリモートサポートをしてもらったり、あるいはほかのところから自分で自分のコンピュータに(アプリケーションやファイルシステムに)アクセスできる。

類似のプロフェッショナルなアプリケーションとしてLogMeInやTeamViewerなどがあるが、このChromeアプリケーションはChromeユーザならすぐに簡単に使えるし、しかも今のところ無料だ。

Chromium.orgで見つけた短い記事によると、iOS用の”Chromoting”モバイルクライアントは、まだ荒削りであり、当然ながらAndroid版に比べて相当開発が遅れている。

Lm1KJFr

しかし少なくとも、iOS版を開発中であることは確かなようだ。Android版も、入手できることはできるが、公式のバイナリはまだなくて、どうしても今使いたい人は、ソースからコンパイルしなければならない。

Screen Shot 2014-01-17 at 12.17.54 PM

機能の詳細や公式リリースの日程などはまだ分からないが、今Googleに現状と将来について問い合わせている。情報が得られ次第、この記事をアップデートしよう。

アップデート, 東部標準時1/17/14, 4:45 PM: Googleは詳細を明らかにせず、木で鼻をくくった: “Chromeの新しい機能はつねに実験中であり、とくにそれはDevチャネルで行われている。しかし現時点で発表できるものは何もない”。

情報をありがとう: 9to5Mac

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

みう
未成年が利用できること自体が間違い
abology
good shareتسويق إلكترونى غسيل خزانات شركة نقل عفش…
Shun Mori
骨系や歯の場合の方が臓器や柔らかい細胞と違って3Dプリンティングし易いかな・・マウスや羊の実験結果を…
Yoshifumi Murakami
どうやったら招待できるのか分かりますか?
mh
翻訳が微妙だな。Lightningと旧iPodケーブルで使用出来るみたい。
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 146 other followers