Google%E3%81%AF%E3%83%AA%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%87%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA%22Chromoting%22%E3%82%92iOS%E5%90%91%E3%81%91%E3%81%AB%E3%82%82%E9%96%8B%E7%99%BA%E4%B8%AD

Googleはリモートデスクトップアプリ”Chromoting”をiOS向けにも開発中

Google ChromeのベースであるオープンソースのブラウザプロジェクトChromiumの本拠地Chromium.orgで目にとまったメッセージには、”Chromoting”アプリケーションをiOSデバイス向けに開発中だ、と書かれている。このアプリを使うと、iPhoneやiPadなどから自分のコンピュータをコントロールできる。Androidバージョンも昨年以来開発中だ、と報じられていた

これらモバイル上のクライアントアプリケーションは、Googleがかなり前から手がけている画面共有とリモートアクセスのサービスChrome Remote Desktopの展開の一環だろう。これは2012年秋にベータを終えている。未だに全然騒がれないChromeアプリケーションだが、これを使うと自分のコンピュータをWeb上でセキュアに共有してリモートサポートをしてもらったり、あるいはほかのところから自分で自分のコンピュータに(アプリケーションやファイルシステムに)アクセスできる。

類似のプロフェッショナルなアプリケーションとしてLogMeInやTeamViewerなどがあるが、このChromeアプリケーションはChromeユーザならすぐに簡単に使えるし、しかも今のところ無料だ。

Chromium.orgで見つけた短い記事によると、iOS用の”Chromoting”モバイルクライアントは、まだ荒削りであり、当然ながらAndroid版に比べて相当開発が遅れている。

Lm1KJFr

しかし少なくとも、iOS版を開発中であることは確かなようだ。Android版も、入手できることはできるが、公式のバイナリはまだなくて、どうしても今使いたい人は、ソースからコンパイルしなければならない。

Screen Shot 2014-01-17 at 12.17.54 PM

機能の詳細や公式リリースの日程などはまだ分からないが、今Googleに現状と将来について問い合わせている。情報が得られ次第、この記事をアップデートしよう。

アップデート, 東部標準時1/17/14, 4:45 PM: Googleは詳細を明らかにせず、木で鼻をくくった: “Chromeの新しい機能はつねに実験中であり、とくにそれはDevチャネルで行われている。しかし現時点で発表できるものは何もない”。

情報をありがとう: 9to5Mac

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

れお@今日からイケメンになる
chromebookの場合、機能を使うことによって生徒の設定を一括操作できるので、かなり安心できると…
Ichiro Mizoguchi
実際にDroneでの配送が始まったら、どこかの星からUFOが来たとしても、みんな「また、Droneが…
【公式】SHAKE100 運営チーム
お越しいただきありがとうございました!SHAKE100運営チームです。Facebook(…
Hitoshi Anatomi
屋外利用時の他人受容率がほぼゼロになるような閾値で運用した時の本人拒否率が問題ですね。これもほぼゼロ…
Ichiro Mizoguchi
みんながALSのことをこれで認知するだろうから、今後は、『継続的な支援』につながる取り組みに変貌して…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 118 other followers