wobL%E3%81%AF%E3%80%81%E6%B0%B8%E4%B9%85%E3%81%AB%E3%82%B9%E3%83%8C%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%81%97%E7%B6%9A%E3%81%91%E3%82%8BiPhone%E7%94%A8%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%89%EF%BC%8B%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA

wobLは、永久にスヌーズし続けるiPhone用スタンド+アプリ


私はiPhoneを持っている。そして殆どの大人がそうするように、これを古き良き専用ハードウェアの代わりに目覚し時計として使っている。しかしこれは必ずしも理想ではない。例えば、iPhoneに起こされそうになったる時、ボタンを叩いて止めることはできない。今日(米国時間1/20にスタートするKickstarterプロジェクト、wobLはこれを解決しようとしている。

名前から連想されるように、wobLはwobbleし(グラグラと揺れ)それが主要な機能だ。iPhone用の付属アラーム時計アプリと共に動作し、モーションによってスヌーズさせることができる。手を伸ばしてiPhoneかスタンドを小突くと、揺れ動いてスヌーズ機能が発動し、あと何分か余分な眠りを得ることができる。

もちろん、これはいくつかの問題を引き起こす。wobLのスヌーズモードがあまりにも容易に発動するので、自分も揺れ続けて永久に起きないかもしれない。ふとんに潜り続けるためにも、それなりの意志が必要だろうが、今週のトロントのように外はマイナス30度ともなれば明確な動機がある。

wobl

wobLは、うっかり完全にアラームをオフにすることなく、簡単にスヌーズボタンを押せるように作られているので、その心配はなさそうだ。また、シンプルな作りながら寝ている間にiPhoneの充電もできる。アプリは今のところiOSのみだが、スタンド自身はiPhone、iPod touchの全モデルに加え、Androidスマートフォンでも使えるようデザインされている。

wobLチームは今年10月の出荷を目指しており、早期支援者は1台25ドルで入手できる。Third Prime Studioにとってこれが初めての製品だが、これまで他社の消費者製品開発で多くの経験を積んでおり、wobLが比較的シンプルなデザインのハードウェアであることから、目標額の2万9000ドルが達成されれば製品が陽の目を見る可能性は高い。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

bd089p
指紋認証と暗証番号なんて誰でも思いつくアイデアだと思うんだけど、彼のアイディアには何か新規性があった…
おっぷる
明るいところはかなりイイネ。暗いところは相変わらずゴミだな。Z2の方が全然良い。
nekokun
2014年現在それぞれのサービスはまだ生き続けているし、売り上げも拡大しています。現在のwebサービ…
Hitoshi Anatomi
それが楽観的に期待できそうもないのでね。今まで見てきたものは全て拒否された時には暗証番号で解除できる…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 122 other followers