%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%89%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%AF%E8%B3%87%E6%9C%AC%E4%B8%BB%E7%BE%A9%E3%82%92%E5%A4%89%E3%81%88%E3%82%8B%3A%20Indiegogo%20CEO%20Slava%20Rubin%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC

クラウドファンディングは資本主義を変える: Indiegogo CEO Slava Rubinインタビュー

それはまさに、ソーシャルメディアの功徳とされる“予期せぬ出会い”(serendipity)というやつだった。ぼくはそのとき、CESの会場となったラスベガスのVenetianホテルの地階にいて、単純に自分の仕事のことを考えていた。そしてそのときだ。ぼくはIndiegogoの協同ファウンダでCEOのSlava Rubinにばったり出くわした。こんな、宝物のような機会を見逃す手はない。そばには、Indiegogoで最近成功したAirtameのプロダクトデベロッパMarius Klausen がいて、自発的にカメラマンになってくれた。そうしてついに、なかなかつかまらないRubinに、インタビューできたのだ。

そこで、まず尋ねた。Indiegogoは資本主義を破壊するのだろうか?

たしかに、愚かな質問だったが、Rubinは、親切に答えてくれた。資本主義を破壊するのではなくて、Indiegogoはそれを改良するのだ、と。つまり、AirtameやPanonoのようなスタートアップが、伝統的な資本の番人たちを迂回して、革新的なアイデアや製品にクラウドファンディングを求める。

さらにまた、愚かな質問を続けた。Indiegogoは将来的にどれぐらい大きくなるのか?

わずか7歳のIndiegogoが毎週70ないし100か国でクラウドファンディングを展開しているのだから、今すでに相当大きい、とRubinは説明した。…と控えめに言いつつ、彼には野心もある。彼の予言では、Indiegogoは今後100年は存続する。もちろんその間に、すごく大きくなるだろう。2114年には、資本主義を改良するどころか、資本主義の全容を変えるほどに、大きくなっているだろう。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

Tags:

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

【公式】SHAKE100 運営チーム
お越しいただきありがとうございました!SHAKE100運営チームです。Facebook(…
Hitoshi Anatomi
屋外利用時の他人受容率がほぼゼロになるような閾値で運用した時の本人拒否率が問題ですね。これもほぼゼロ…
Ichiro Mizoguchi
みんながALSのことをこれで認知するだろうから、今後は、『継続的な支援』につながる取り組みに変貌して…
tot
<おひまな人は、原文の(150近くある)コメントの、最初のコメントと、それに対する最初のrep…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 118 other followers