iFixItが初代Mac Macintosh 128Kを分解してMac 30歳の誕生日を祝う

次の記事

Sonatypeのコンポーネントライフサイクル管理プラットホームがアップデート; オープンソースコンポーネントの安全な利用を促進

かっこいー! Macintoshの30歳の誕生日を記念して、何でも分解屋のiFixItがMacintosh 128Kを分解するビデオをYouTubeに投稿した。この最初のMacは、1984年にど派手な宣伝とともにリリースされた。プロセッサはMotorola 68000を使用し、バックパネルからどのパーツにもアクセスできた。いちばん、ずば抜けていたことは何か? 当時このマシンは定価1万ドルだった。今では35ドルのRaspberry Piが一台で10数台のMacintoshを同時にエミュレートできるから、ここまでの30年間に達成された技術進歩は、ものすごいとしか言えないね。

iFixitによる分解の詳細はここで読める。あるいは、上のビデオを楽しんで…VHSからデジタイズしたんだ。うそだけど。

80年代のスラングを使ってしまって、ごめんね。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中