Apple%E3%81%AE%E5%89%8D%E5%9B%9B%E5%8D%8A%E6%9C%9F%E6%B1%BA%E7%AE%97%E3%82%92%E5%9B%B3%E8%A1%A8%E3%81%A7%E8%A6%8B%E3%82%8B

Appleの前四半期決算を図表で見る

Appleの12月四半期は好悪相混じっていた。数字だけを見ると、売上は過去最高でiPhoneとiPadの成長が続いている。しかしアナリストの目で見ると、純利益は横ばいだ。

その真犯人は誰か? たぶんiPhone 5cだ。それは、期待したようなマーケットシェア拡大マシンにならなかった。

3か月で5000万台のiPhoneを売るのは驚異的だが、でもまだスマートフォンは成長市場だから、誰もがiPhoneの売上の二桁成長を見たいと望んだ。利益が131億ドルの企業にふつうの物差しは当てはまらない。どこの企業も、売上が130億なら狂喜するだろう。しかし金融アナリストや投資家たちから見ると、Appleは別格だ。彼らは、もっと最高の結果を求めるのだ。

売上/利益/一株当たり利益

ハードウェアの売上

現金割高

地域別売上

Apple Q1 2014

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

広告

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 118 other followers