Amazon%E6%A0%AA%E3%80%81%E6%99%82%E9%96%93%E5%A4%96%E5%8F%96%E5%BC%95%E3%81%A7%E4%B8%8B%E8%90%BD%E3%80%82%E4%BA%88%E6%83%B3%E3%82%92%E4%B8%8B%E5%9B%9E%E3%82%8B%E6%A5%AD%E7%B8%BE%E3%81%A8%E5%BC%B1%E6%B0%97%E3%81%AE%E4%BA%88%E6%B8%AC%E3%81%8C%E5%8E%9F%E5%9B%A0

Amazon株、時間外取引で下落。予想を下回る業績と弱気の予測が原因

今日(米国時間1/30)の株式市場閉鎖後、Amazonは第4四半期の業績を発表した。売上は255.9億ドル、1株当たり利益(EPS)は0.51ドルだった。同期の経常利益は0.51億ドルで、対前年比26%増だった。

ウォール街は、Amazonの売上を260.6億ドル、EPS 0.66ドルと予測していた。つまりAmazonは、GDPの伸びる四半期において、売上と利益の両方で期待を裏切った。

通常取引で、Amazon株は非常に好調で5%値を上げた。時間外取引では8%近く急落した。ちなみにAmazonの予測EPS成長率は200%以上たった。

失望させる収支にもかかわらず、同社は楽観的だ。「Amazonの顧客にとって今は良い時だ」とファウンダー・CEOのJeff Bezosが収支会見で言った。

直前の四半期でAmazonは、売上170.9億ドル、EPS マイナス0.09ドルだった。同社にとって2期連続の損失だった。3Qと4Qの売上差は、毎年Amazonにとって好機であるホリデーシーズンが含まれるかどうかによる。。

1年前の同四半期、Amazonの1株当たり利益は0.21ドルだった。

2013通年では、Amazonの売上は744.5億ドル、前年比22%増だった。同期間の経常利益は10%増の7.45億ドル、年末の現金および現金相当保有額は86億ドルだった。

Amazon株が通常取引で400ドル以上にはね上がったのは、おそらく昨日発表されたFacebookの期待以上に好調な業績が理由だろう。Twitterも堅調に8%値を上げ、同じ風に乗っている。しかし数字が出された今、あの楽観的予想は見当外れだったようだ。

次の四半期に関してAmazonは、売上182~199億ドル、前年比13%増と予測している。

トップ画像提供: Flickr

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

Ichiro Mizoguchi
XPが動いている古いPCでもある範囲の利用には耐えられるってことも大きいんじゃないかな。PC自体を入…
TATSU
スマートウォッチが丸か四角かなんてどうでもいいことだ。そんなことは問題じゃない。さらにそんな小さな画…
Aheahead
現段階では便利な道具というよりは面白ガジェットだと思うので、丸い方が新鮮で良いかな、と思います丸い画…
Hitoshi Anatomi
iPhoneのように生体認証でもパスワードでもロックを解除できるような仕組みにしておいて「これでパス…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 119 other followers