カリフォルニア州当局、Googleに謎の艀(はしけ)の移動を勧告

次の記事

Paper、iOS版が米国向けに公開。これはFacebookアプリに代わるかもしれない

時として、早く動いてぶち壊すことは、壊れた物を残すことになる。今日(米国時間2/3)報じられたニュースによると、州機関であるサンフランシスコ湾保全開発委員会(BCDC)は、Googleに対してその悪名高き謎の艀(はしけ)を移動するよう勧告した。

同社は必要な認可を受けずに建設を開始したものと思われる。APは、BCDC専務理事、Larry Goldzbandによると、トレジャーアイランド開発委員会(TIDA)は、同プロジェクトを許したことに関して罰金あるいは「執行手続」を科される可能性があると伝えている。

Google広報はTechCrunchに対して、「先ほどサンフランシスコ湾保全開発委員会から書簡を受け取り、精査しているところ」であると答えた。

TechCrunchは、BCDCおよびTIDAに連絡を取り、APの記事に関してコメントを求めている。
Googleの艀は数々の臆測を呼び、結局はGoogleのオモチャを展示するハイテク・ショウルームであることが以前明かされた。クール、ではあるが大衆の注目を維持するほどの悪役ではない。

これで艀が公式の場となるためには、新たな安住の地 ― あるいはしかるべき認可 ― を見つけなくてはならなくなった

画像:Portland Press Herald

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在240人フォロワーがいます。