thoughtspot

企業に眠る大量のリレーショナルデータ, それを高速検索と視覚化で掘り起こすThoughtSpotが$10.7Mを調達

次の記事

複数のNoSQLデータベースの使い分けを単一のREST APIでできる中間サービスOrchestrate

企業にインテリジェントサーチとデータの視覚化を提供するThoughtSpotが、Lightspeed Venture Partnersが率いるシリーズAのラウンドにより、1070万ドルを調達した。

同社はNutanixの協同ファウンダAjeet SinghとAmit Prakashが創業し、とくに後者はMicrosoftのBingの創設時の技術者であり、その後は5年間、GoogleのAdSense Analyticsのグループで技術者チームを率いた。

同社が開発したリレーショナル検索エンジンとインメモリデータベースにより、中~大企業の顧客たちは自然言語を使って会社の数値データ(支出記録、営業報告など)をクェリできる。創業時にSinghとPrakashが抱(いだ)いた目標は、企業がテラバイト級の巨大データをGoogle検索なみの容易さで分析できるようになることだ。Singhの説明によると、GoogleやFacebookによって公開データを検索する方法は変わったが、企業データは旧態依然としている。企業ITの消費者化が言われる中で、企業内の検索だけはその波に乗り遅れている。

ThoughtSpotの検索およびコンピュテーションプラットホームは企業のデータを取り込んで、その検索結果を視覚化する。同社のその技術は、とりわけ、関係データベースやその構造をしたデータ向けに最適化されている(ゆえに“リレーショナル検索エンジン”)。

IBMなども今この方面に手を出そうとしているが、しかしSinghによれば、既存大手の問題解決へのアプローチは、多くの場合。正しくないそうだ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在229人フォロワーがいます。