Twitter%20CEO%E3%80%81Dick%20Costolo%EF%BC%9A%202014%E5%B9%B4%E3%81%AF%E3%80%8C%E3%82%82%E3%81%A3%E3%81%A8%E5%A4%9A%E3%81%8F%E3%81%AE%E4%BA%BA%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%A8%E3%81%A4%E3%81%AA%E3%81%8C%E3%82%8B%E3%80%8D

Twitter CEO、Dick Costolo: 2014年は「もっと多くの人たちとつながる」

Twitter CEO、Dick Costroは今日(米国時間2/5)の午後、繰り返し尋ねられる質問に答えた。彼が強調したかったのは、(新規ユーザー数が減っているにもかかわらず)「われわれは成長に関して非常によい位置にいる」こと。そして今年は「より多くの人たちとつながる」ことのようだった。

まずCostoloは、対前四半期でタイムラインビューが7%減少したことに、一定の正当な理由を与えた。タイムラインビューは、ユーザーがどれだけコンテンツを消費しているかを示す、Twitterが提供する指標だ。彼は最近Twitterが行ったいくつかのユーザー体験の変更、例えば会話のスレッド化によって、ユーザーが読み込むタイムラインの数が減ったことを挙げた。
さらにCostoloは、個々のタイムラインビューが、広告売上の見地から、より高価値になっていることも主張した。

アナリストらが、Twitterの月間アクティブユーザー数(前期比わずか4%しか伸びていない)についても同様の要因があったのかを尋ねたが、Costoloは一切触れなかった。代わりに、昨年までTwitterの成長は「バイラルとオーガニック」だったことをほのめかした。言い換えれば「成長は向こうからやってきた」ものであり、同社が積極的に何かを行ったわけではなかった。しかし、2013年最終四半期以来、Twitterはユーザー固定化のために機能を追加してきたとCostoloは言った。初期の結果は有望であり、同社は引き続き、新規ユーザーの導入、コンテンツの発見、1対1会話等の領域で機能を追加していく計画であることを付け加えた。

最終的には、「製品全体にわたって行いたいことが数々」あり、それらが「成長曲線の傾きに変化を与える」ことを会社は望んでいる、とCostoloは言った。

あるアナリストが、Twitterは様々なアプリを提供すること(Facebookがやっているらしいこと)を考えているかと尋ねたところ、Costoloは、アプリ間でユーザーを奪い合うのではなく、最高のソーシャルアプリ1本が、「利用状況を見極わめて、その仕事を他の誰よりもうまくこなす」と答えた。Twitterがそのアイデアに集中している限り、単数対複数アプリ戦略に関して「特定の信仰」を持つ必要はないと答えた。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

まいのこ☆WEBデザイン
アメブロの上からニョインって出てくる広告(最悪)とか、画面いっぱいに出る広告とか(最悪)、もう本当や…
つん(たん)
現在の検定で不正が問題になっていることを今知ったよ。
Ichiro Mizoguchi
なんとなくですが、「一度使ったら手放せない」ってなりそうです。ちょっと怖いなぁ ^^;
デラペニャ
サイヤ人は怒りや悲しみが極限に達するとスーパサイヤ人になるそうです。スーパサイヤ人になると外観にも変…
U-YA
Windows Phoneは使いやすいんだけどアプリが絶望的に少ない。