LinkedIn%E3%80%814Q%E5%A3%B2%E4%B8%8A4.47%E5%84%84%E3%83%89%E3%83%AB%E3%81%A7%E4%BA%88%E6%B8%AC%E3%82%92%E4%B8%8A%E5%9B%9E%E3%82%8B%E3%82%82%E3%80%81%E6%88%90%E9%95%B7%E3%81%B8%E3%81%AE%E6%87%B8%E5%BF%B5%E3%81%A7%E6%A0%AA%E4%BE%A1%E3%81%AF%E6%80%A5%E8%90%BD

LinkedIn、4Q売上4.47億ドルで予測を上回るも、成長への懸念で株価は急落

本日(米国時間2/6)通常株取引終了後、LinkedInが2013年第4四半期の業績を報告した。売上は4.472億ドル、非GAAP1株当たり利益は0.39ドルだった。アナリスト予測は、それぞれ4.37億ドル、0.38ドルだった。

通常取引時間内のLinkedIn株は、高めを保ち4%以上の高値で引けた。しかし時間外取引で急落した。同社はこの期の売上を4.15~4.20億ドルと予測していた。

直前の四半期、LinkedInの売上は3.93億ドル、1株当たり利益は0.39ドルだった。

LinkedInは、現在2.77億人のメンバーを保有していると報告した。リリース文中同社はこの結果を「堅調」と評している。

同社の「タレント・ソリューション」部門は、同四半期に2.456億ドルを売り上げた。マーケティング・ソリューションの売上は1.135億ドル、プレミアム・サプスクリプション事業は0.881億ドルだった。

なぜ、LinkedInは時間外取引で値を下げているのか? どうやら同社が出した今年の売上予測、20.2~20.5億ドルという数値がウォール街の期待を下回っているようだ。この状況は、昨日Twitterが収支報告で、売上、利益ともに予測を上回りながら、長期成長予測への懸念で株価を下げたことと酷似している。LinkedInの落ち込みはTwitterほどではないようだが、損失は膨大だ。

This is a developing post, please refresh for updates.

トップ画像提供:Sheila Scarborough, via CC BY 2.0 license. (Image from Flickr. It has been cropped.)

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

Tags:

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

mmgamess
違う。任天堂はハードの利益をソフトの開発費に当てられるからこそ他より高品質なソフトが作れる。ハードを…
Atsuhiro Teshima
単語学習では、なぜか国際展開を全然しないiKnowがレベル高いと思うのでこちらにも頑張って欲しい。英…
名無し
単語を見る→知ってるか知らないかを判別する→それを繰り返して→知ってる単語を増やすという流れですよね…
そーみ
覚えてもすぐ忘れそう。まあ、繰り返しが大切だね。