cgtrader
makexyz

Intel Capitalが3Dプリントのマーケットプレース2社に投資

次の記事

企業のITシステムのための検索サーバGoogle Search Applianceのソフトウェアがアップデート

IntelのVC部門Intel Capitalが、二つの3Dプリントマーケットプレースに投資をした。ひとつはテキサス州オースチンのmakexyz、もうひとつはリトアニアのCGTraderだ。どちらも、ユーザが3Dオブジェクトをアップロードしたり、サービスやダウンロードを売ったりする。

makexyzでは、モデラーが自作の3Dモデルをアップロードし、一般ユーザはそれをリクエストして、消費者向け3Dプリンタを使ってローカルにプリントする。CGTraderはむしろ3Dモデルのマーケットプレースで、それらのモデルを買ったユーザは、コンピュータ上で制作するアニメーションに利用したりする。両社とも今後は、3Dプリントそのものをサービスしていくようだ。

今回の投資の額などは公表されていない。

makexyzのファウンダNathan Toneはこう言っている: “うちの目標は、人びとの物作りを支援することだ。Intelからの投資で、支援の対象を大きく広げられる。3Dプリンタは今、グローバルなネットワークが急速に育ちつつあるから、これからできることは、とても多いね”。

画像はAirwolf3Dより

〔余計な訳注: IntelとしてはPCと心中するわけにはいかない。〕

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在204人フォロワーがいます。