楽天、モバイルメッセージアプリのViberを総額9億ドルで買収

次の記事

TwitterのDick Costoloが‘良きCEO’の定義を述べる–何よりもコミュニケーションが重要

楽天は14日、モバイルメッセージングサービス「Viber」を展開するViber Mediaを子会社化すると発表した。発行済株式の100%の取得および新株発行の引き受けを行い、総額9億ドル(約900億円)を出資する。Viberは、iOSやAndroidアプリで通話やメッセージを送受信できるサービス。楽天によれば、世界で約2億8000万人が登録し、月間アクティブユーザー(MAU)は1億人以上。新興国を中心に利用者数を伸ばしているという。楽天はViberの顧客基盤を活用し、ECサービスやデジタルコンテンツをグローバルに提供するプラットフォームを構築する狙い。

viber

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在245人フォロワーがいます。