Stack Overflowのダウンで世界中のプログラマーがパニック(復旧済み)

次の記事

クックパッドの3人が子会社設立で作った「レター」は超シンプルな写真カレンダー送付サービス

コーディングに特化したQ&Aサイト、Stack Overflowは、プロ、アマを問わずプログラマー必須のツールだ。同サイトが日曜日(米国時間2/16)に1時間近く停止し、数多くのユーザーが影響を受けた。

Stack Overflowの親会社、Stack Exchangeによると、原因はネットワークプロバイダーに対するDDoSアタックだという。問題は「部分的に軽減」され、サイトは復旧しつつある。

Stack Overflowダウンのニュースは、日曜日の西海岸時刻午前11時頃からTwitterやHacker Newsで広がり、1時間ほど続いた。予定していた日曜のコーディングセッション中にサイトをアクセスできなくなったプログラマーたちの、うろたえた(かつユーモアに富んだものも多い)コメントの数々は、同サービスがいかに多くの人々にとって重要であるかをものがたっている。

しかし現在サイトは復旧し、秘かに「雪による休校」を期待していた人々は、別の口実を考えなくてはならないようだ。

https://twitter.com/Undo_SE/status/435141703364657152

本誌はStack Exchangeに連絡を取り、DDosアタックの詳細とダウンの影響について質問しているので、情報が入り次第続報する予定だ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在257人フォロワーがいます。