EC%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E6%A7%8B%E7%AF%89%E3%80%8CSTORES.jp%E3%80%8D%E3%81%8C%E3%83%A4%E3%83%95%E3%82%AA%E3%82%AF%E3%81%A8%E9%80%A3%E6%90%BA%E3%80%81%E5%95%86%E5%93%81%E9%9C%B2%E5%87%BA%E3%82%92%E5%BC%B7%E5%8C%96

ECサイト構築「STORES.jp」がヤフオクと連携、商品露出を強化

専門知識を持っていない人でもECサイトが作れる「STORES.jp」がオークションサイト「ヤフオク!」と連携した。STORES.jpでECサイトを開設している人は、ヤフオク!上でも商品を販売できるようになる。ヤフオク経由で商品が売れた場合は、金額の10%の販売手数料が発生する。

STORES.jpでECサイトを開設しているオーナーは、管理ページ内の「プロモーションスイッチ」を有効にするだけで、自動でヤフオク!にも商品情報が掲載される。1点モノを売っているECサイトは、先にヤフオク!で落札されればECサイトの在庫がゼロになったり、反対にECサイトの店舗で先に売れれば、ヤフオク!の出品が取り下げられる。

STORES.jpは2012年9月にサービスを開始。現在までに8万店以上のストアが開設され、100万点以上の商品が登録されている。その一方、「露出が少なく販売に至らない商品も多い」と、STORES.jp運営元のブラケット代表取締役兼CEOの光本勇介氏が指摘するように、一部のストアオーナーは、ECサイトは開設できたものの、商品が売れないケースもあるようだ。

こうした状況を改善すべくブラケットは、2013年12月にユザワヤ商事とハンドメイド作品専門のマーケットプレイス「ユザワヤマーケット」、2014年1月に親会社のスタートトゥデイとアパレル特化型のマーケットプレイス「ZOZOMARKET」を開設(関連記事:狙いは“アパレル総EC化”、ZOZOTOWNが個人間取引に参入)。STORES.jpのストアオーナーが、これらのマーケットプレイスにも商品を露出できるようにしている。こうした取り組みと同様、ヤフオク!との連携は「売る体験」を提供できると、光本氏は話している。

stores01

Tags:

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

Hitoshi Anatomi
紙の上では2>1ですが、実生活では違います。ひ弱な少年二人が同時にかかっても強い格闘家にかかると一蹴…
Ichiro Mizoguchi
XPが動いている古いPCでもある範囲の利用には耐えられるってことも大きいんじゃないかな。PC自体を入…
TATSU
スマートウォッチが丸か四角かなんてどうでもいいことだ。そんなことは問題じゃない。さらにそんな小さな画…
Aheahead
現段階では便利な道具というよりは面白ガジェットだと思うので、丸い方が新鮮で良いかな、と思います丸い画…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 119 other followers