iPhone%E3%81%AE%E7%86%B1%E7%83%88%E3%81%AA%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%81%8C%E6%95%B0%E9%80%B1%E9%96%93Android%E3%82%92%E4%BD%BF%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%9F

iPhoneの熱烈なファンが数週間Androidを使ってみた

編集者注記: Semil ShahSwellのプロダクト担当で本誌TechCrunchのコラムニストで投資家だ。彼のブログはHaywire、彼のTwitterアドレスは@semilだ。

去年のちょうど今頃、“シリコンバレーが徐々にAndroidに目覚める”と題する記事を書いた。そしてやっと最近、SwellのAndroid版をテストするためにNexus 5を買った。そのおかげで、iPhoneとAndroidの両方を持ち歩く経験を書いたらおもしろいかな、という気持ちになった。この記事でとくに書いてみたいのは、Androidの楽しいところと、逆に、iOSの方が良いなぁと思える部分だ。“Androidの方が良い”とか“Androidはむかつく”といったタイプの議論には加わりたくない。この前Androidを使ったのは2011年の春だったが、それは実にいらだつ経験だった。でも今回の真新しいNexusは、別世界だ。

Nexus 5で気に入っているところ: Pocketを読んだりYouTubeを視たりは大型画面の方が楽しめる。通知が、 分かりやすいGoogleのいろんなサービスを統合しているから、いろんなことをやりやすい。マルチタスクやアプリの切り替えはAndroidの方が容易だ。Google Nowが常時動いているのも、もちろんよろしい。

SwiftKeyをインストールしたが、まだ十分に使い込んでいない。今のところ個人的に気に入っているのは、Android上でしか作れないCoverAviateのようなアプリだ。Coverは、ご存知の人も多いと思うが、デバイス上のセンサからのデータを利用するロックスクリーンアプリで、今ユーザが使いたいと思っているであろうアプリを予言する。少なくともぼくに関しては、その予言がぴったり当たるから、びっくりしてしまう。だからCoverがあると、いちいちアプリを選んで立ち上げるという手間が省ける。ぼくのNexus 5はいろんなアプリがごちゃごちゃ載っているけど、Coverはぼくがよく使うアプリを選んでくれるお利口さんだ。どうやらCoverは、ユーザの日常の携帯の利用状況をよく見て、その人がよく使うアプリをランクづけしているのだ。

Aviateも同じくエレガントで、便利なオプションが山のようにあるホームスクリーンインタフェイスだ。このほか、IngressAgentCogiなども、試してみることが今から楽しみだ。そして、読者が勧めてくれるそのほかのアプリももちろん。

やっぱりiPhoneの方が良いなぁ、と感じたこと: iPhoneの方がやや小さいからタイピングがしやすい。それと、レティナスクリーンも、もちろん恋しい。タッチ画面のガラスの応答性もiPhoneが良い。iPhoneには、いろんなスタートアップたちが作った、Androidにないアプリが大量にある。小さなデベロッパ企業はどうしても、iOS優先で行かざるをえない。iOSには“バックボタン”がないのも好きだ。Androidでは、あれに戸惑う。携帯を使っていて、まるでブラウザみたいに前の画面へ行くなんて、考えたこともない。もちろん、あれが気に入っている人もいるのだろうけど。

数週間、二つの携帯を持ち歩いたのは、主に仕事のためだけど、でもデバイスやオペレーティングシステムをいろいろ試して、遊ぶこともできた。最近考えるのは、ぼくやそのほかのiPhoneユーザが、今後積極的に、Nexus 5に乗り換える要素がもしあるとするなら、それは一体何だろう? あまりたいしたことは、思いつかない: 1)新しいものへの好奇心、2)データプランが安くて自由度がある、3)Androidにしかないアプリが必要、4)大型画面を使いたい、5)Googleの各種サービスが使いやすい、などなどかな。

でも、iPhoneからAndroidへの大量移動はありえるか? ありえるとしたらその理由は? この質問に答えるのは難しすぎるし、また、Googleがそれをねらっているとも思えない。

Google Nowのような必殺アプリが今後もっと良くなったら、こういう、ユーザの欲求や行動を先回りして予知するネイティブサービスが、iPhoneからAndroidへの移行の動機になるかもしれない。あるいは、Androidではデベロッパが簡単にrootアクセスできるし、データアクセスも相当自由になるから、iOSでは不可能だけどユーザにとっては必要不可欠、というまったく新しいユーザ体験を、どこかのデベロッパが作ってしまうかもしれない。ただしiPhoneでも、M7やTouchIDなどに見られるように、今後のハードウェアの進歩次第では、十分に同じことができるようになるだろう。ていうか、AndroidとiOSに関しては、お互いが似てくるというよりも、むしろ、両者の違いがますます際立ってくるだろうな。

Google Glassと、それと携帯との連携が今後成熟すれば、Androidの優位性が増す、という説もある。でも、そのころになればGoogleはソフトウェアのマルチプラットホーム化を図るはずだから、多少の機能差はあったとしても、iOSが不利とは言えない。

昨夜(ゆうべ)(米国時間2/15)のTwitterで、@robustus氏が言うには、Appleが一部のBitcoinアプリをブロックしたら、AndroidのBitcoinウォレットが(多少セキュリティに不安があっても)Androidへの人民大移動の大きな動機になる、とか。

でも、どうなんだろう。この二つのプラットホームは、これからも対立が激化していくのか、それとも、消費者の利益を優先して…差異と選択の余地を十分に残しながらも…平和共存の方向へ向かうのか。ぼくは、後者を望むけどね。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

bd089p
指紋認証と暗証番号なんて誰でも思いつくアイデアだと思うんだけど、彼のアイディアには何か新規性があった…
おっぷる
明るいところはかなりイイネ。暗いところは相変わらずゴミだな。Z2の方が全然良い。
nekokun
2014年現在それぞれのサービスはまだ生き続けているし、売り上げも拡大しています。現在のwebサービ…
Hitoshi Anatomi
それが楽観的に期待できそうもないのでね。今まで見てきたものは全て拒否された時には暗証番号で解除できる…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 122 other followers