%E3%83%A2%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%9715%E3%83%B5%E5%9B%BD%E4%B8%AD%E3%80%8112%E3%83%B5%E5%9B%BD%E3%82%92Android%E3%81%8C%E6%94%AF%E9%85%8D%EF%BC%88Mixpanel%E8%AA%BF%E3%81%B9%EF%BC%89

モバイルデータ利用トップ15ヵ国中、12ヵ国をAndroidが支配(Mixpanel調べ)

データ分析会社、Mixpanelの第1回年間グローバルモバイルデータ報告によると、モバイル利用トップ15ヵ国におけるアプリデータの大半が、Androidプラットフォームから生まれたものだった。同15ヵ国で生成されたモバイルデータの64%がAndroidデバイスによるものであり、15ヵ国中3ヵ国のみでiOS利用者が優勢だった。

データ生成国の上位はスペイン語を話す国々であり、スペイン語を母国語とする国々ではさらにAndroidが強く、 全アプリ生成データの74%を占めた。フランス、日本、およびオランダの3ヵ国のみでiOSが明確に多数を占め、タイでは両OSがほぼ均衡している。

Screen Shot 2014-02-18 at 2.46.26 PMもちろんアプリデータの利用量は、プラットフォームやアプリの親密度を測る唯一の尺度ではないが、ユーザーがスマートフォンでそのソフトウェアを立ち上げ、ウェブを利用していることを示す指標にはなる。モバイル端末に関するこのデータには、他にも注目すべき点がいくつかある。例えばモバイルアプリ市場では、スペイン語にローカライズされたタイトルが、利用量に関して大きな牽引力を持つ可能性を持っている。

アプリの集客力を測るもう一つの指標で、よりデベロッパーの気持に近いと考えられるのがモバイル売上だ。Distimoによると、アジアにおけるモバイル売上は、162%という大幅増を記録しており、その成長の大部分がAndroidによる。ただし、スペイン語圏の国々は、Distimoのアプリ売上トップ10ヵ国には未だ入っていない。つまりAndroidは、新興市場において利用量は急増しているが、これらの地域をターゲットにするデベロッパーにとって、必ずしも大きな売上には結びついていない。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

TATSU
スマートウォッチが丸か四角かなんてどうでもいいことだ。そんなことは問題じゃない。さらにそんな小さな画…
Aheahead
現段階では便利な道具というよりは面白ガジェットだと思うので、丸い方が新鮮で良いかな、と思います丸い画…
Hitoshi Anatomi
iPhoneのように生体認証でもパスワードでもロックを解除できるような仕組みにしておいて「これでパス…
Ichiro Mizoguchi
『メーカーはCadenceとSynopsys、わずか2社だ。』いやいやMentorもあるじゃないです…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 118 other followers