compression
Opera
Opera Max

OperaのAndroid用データ節約アプリが合衆国と西ヨーロッパでベータへ

次の記事

オーダーメイドスーツEC「ラファブリックス」は日本人体型に合うフィットアルゴリズムで試着の壁を超えようとしている

昨年の12月にOperaが発表した無料アプリMaxは、暗号化されていないデータをすべて、Operaのサーバをを使ってユーザのAndroidデバイスへ圧縮する。そのときは小規模な非公開アルファテストに登録できただけだが、でも今日からは、Maxのもうじき始まるベータへの登録を受け付ける。

Maxは、テキストでも写真でもビデオでも何でも圧縮してユーザの携帯に送るから、かなりの帯域節約になる。とくにビデオは帯域大食らいだから、このアプリによって、データプランの料金を相当節約できるだろう。

GoogleがChromeモバイルのためのデータ節約プロキシの展開を開始したのはごく最近だが、Operaはかなり前からデスクトップ向けに”Turbo“モードを提供してきたし、また一部のモバイルブラウザはOperaのサーバから圧縮データしか受け取らない。実は、Appleのブラウザエンジンを使っていないOperaのiPhoneアプリが承認されたのも、そのおかげだ。

opera_max

Maxの技術的詳細はまだよく分からないが、同社によると、ブラウザのための圧縮技術をユーザのすべてのアプリに適用することにしたのだ。一部のアプリ、たとえばFacebookなんかは、つねにすべてのデータを圧縮していて、Operaのプロキシをバイパスしている。でも、Operaのスクリーンショットを見るかぎり(上図)、InstagramやFlipboard、Vineなど画像の多いアプリはこのツールで相当助かるだろう。

ただしすべてのデータがOperaのサーバ経由になるから、Operaという企業をかねてから十分に信用している人でないと、このツールは使い辛い。また、Operaのプロキシを使うことによって大きな遅延が生ずるなら、モザイク画像が多くなったりして困ることにもなりかねない。

このアプリはすでに、Google Playのストアで入手できる。インストールした人は、自動的にベータのユーザになる。ただし今のところこのツールを使えるのは、合衆国と西ヨーロッパだけだ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在204人フォロワーがいます。