世界初の炭素繊維(カーボンファイバ)用3DプリンタMark Oneが予約受付を開始

次の記事

広告業界は、Appleのユーザーデータ保護方針に不満を感じている

手元に4999ドルあって、炭素繊維で3Dプリントすることに憧れているなら、Mark Oneを予約注文すべきだ。先月Mark Oneが発表されたときには、予約受付開始は3月の予定だったが、今日(米国時間2/18)がその日になった。

作者のGregory Markは、自分の名前を製品名にした。彼はすでに、2014年にサンディエゴで行われたSolidWorks World 2014でデビューしたデスクトッププリンタAeromotionsを持っている。そして、炭素繊維で何かを作ることは、高くつくし時間もかかる、と自分で体験したMarkは、その障害を乗り越えるべく、Mark Oneの開発に着手したのだ。

彼はPopular Mechanicsのインタビューでこう言っている: “フィラメントを層状に重ねていく3Dプリンタのやり方で、複合部品を作る。3Dプリンタが形状を作るのと同じだが、形状だけでなく機能も作る”。

このプリンタは炭素繊維だけでなく、ガラス繊維やナイロンやPLAも使える。ただし、一度に一種類のみ。プリントを開始する前にベッドの水平化を自動的に行うなど、便利な機能もいくつかある。

本体とは別にMark One Developer Kitもあるので、それも予約注文できる。このキット込みの予約は、発送順が優先され、ケブラーの増量や予備ベッド二つなどのおまけもつく。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在204人フォロワーがいます。