Brian%20Acton%E3%81%AE%E7%A9%B6%E6%A5%B5%E3%81%AE%E3%82%B5%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%BA%E4%BA%BA%E7%94%9F

Brian Actonの究極のサプライズ人生

4年前、Brian Actonは仕事を探していた。

彼はそれまでの11年間、Yahooの技術者としていろんな仕事を担当してきた。

彼はあちこちに履歴書を送った:

[ツイート訳: あちこちに履歴書を送るのって、究極のフリスビーだね。](2009/05/21)…フリスビー==戻ってくること。

Twitterに面接に行き、断られた:

[ツイート訳: Twitterの本社で断られた。でもいいや。通勤時間が長いのは、いやだから。](2009/05/24)

Facebookに面接に行き、断られた:

[ツイート訳: Facebookはぼくを要らないと言った。すばらしい人たちに会える、と期待したんだけどね。また、次の冒険を探さなくちゃ。](2009/08/04)

そこで彼と、Yahooで同僚だったJan Koumは、自分の会社を作ることにした。

今日(米国時間2/19)彼らは、その会社をFacebookに190億ドルで売った

人生というものは、何が起きるか分かりません。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

bd089p
指紋認証と暗証番号なんて誰でも思いつくアイデアだと思うんだけど、彼のアイディアには何か新規性があった…
おっぷる
明るいところはかなりイイネ。暗いところは相変わらずゴミだな。Z2の方が全然良い。
nekokun
2014年現在それぞれのサービスはまだ生き続けているし、売り上げも拡大しています。現在のwebサービ…
Hitoshi Anatomi
それが楽観的に期待できそうもないのでね。今まで見てきたものは全て拒否された時には暗証番号で解除できる…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 122 other followers