%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%88%9D%E3%81%AEBitcoin%E7%94%A8ATM%E3%81%8C%E3%83%86%E3%82%AD%E3%82%B5%E3%82%B9%E5%B7%9E%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%B3%E3%81%AE%E3%83%90%E3%83%BC%E3%81%AB%E7%99%BB%E5%A0%B4

アメリカ初のBitcoin用ATMがテキサス州オースチンのバーに登場

これぞ、まさにアメリカ。これでわれわれも、カナダに負けなくなった。なぜかというと、Robocoinという企業が、テキサス州オースチンのバーHandleBarに、合衆国で初めてのBitcoin用ATMを置いたのだ。

そのATMはバーの中ではかなり目立つが、そのほかのATMとよく似ている。お金を入れてBitcoinを取り出す。または手持ちのBitcoinを自分の仮想ウォレットに収める。それだけだ。同社はすでにカナダのバンクーバーにATMを設置し、Bitcoinが違法とされているアジアにも輸出した。

オースチンのATMは2月20日木曜日午後2時に使えるようになるが、これは単なる手始めだ。

ファウンダのJordan Kelleyは曰く: “世界中、Robocoinだらけになるぞ! テキサスは最近来たばかりだが、すでにシアトルとワシントンとカナダのアルバータに売った”。

“オースチンはダウンタウンのバーだから、場所がいいね。カナダにはこれからもどんどん売るぞ。香港にも売ったが、ハードウェアの“入国審査”にこんなに手間取るとは思わなかったね”。

政府発行の身分証明書と生体認証データがあれば、Robocoinが信用してくれるので、Bitcoinを売ることもできる。それで納得できない神経質なユーザもいるだろうが、そのことはたぶん、織り込み済みだ。

“今、世界の各地にRobocoin ATMのネットワークができつつある。それによってBitcoinの利用が大衆レベルで安全で気軽なものになる。RobocoinはBitcoinの敷居をうんと低くして、日常的に普通の通貨として使えるようにする”、とKellyは言っている。

マシンは“銀行グレードの”ハードウェアとセキュアなネットワークで作られており、内部のコンピュータと現金も安全だ。そしてサーバは、インターネットからはアクセスできない。

ただしRobocoin ATMを自分の会社に置きたい人は、Money Transmitter License(MTL)やMoney Service Business(MSB)などの公的免許が必要だ。Kelleyは、Robocoinが主に置かれるのは、経営者が若くて、時代の先端を行くような新しいものを何でも歓迎するコーヒーハウスやヒスパニック系の食品酒類雑貨店だ、と想定している。

Kellyは、Robocoinの成長疑いなし、政府はいずれ味方になる、と楽観的だ。

“政府はわれわれを支持してくれるだろう。Bitcoinは、インターネットと同じく、今や否定できないものになりつつある。政府はこの新しい経済に適切なルールを設けて、Bitcoin関連企業を認知し支援するようになると思う”、とKellyは言う。

[画像提供: TheRealADM]

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

mmgamess
違う。任天堂はハードの利益をソフトの開発費に当てられるからこそ他より高品質なソフトが作れる。ハードを…
Atsuhiro Teshima
単語学習では、なぜか国際展開を全然しないiKnowがレベル高いと思うのでこちらにも頑張って欲しい。英…
名無し
単語を見る→知ってるか知らないかを判別する→それを繰り返して→知ってる単語を増やすという流れですよね…
そーみ
覚えてもすぐ忘れそう。まあ、繰り返しが大切だね。