%E3%82%AB%E5%A4%A7%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E6%A0%A1%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF%E7%A7%91%E5%AD%A6%E5%85%A5%E9%96%80%E7%A7%91%E7%9B%AE%E3%81%A7%E5%88%9D%E3%82%81%E3%81%A6%E5%A5%B3%E6%80%A7%E5%8F%97%E8%AC%9B%E7%94%9F%E3%81%8C%E7%94%B7%E6%80%A7%E3%82%92%E4%B8%8A%E5%9B%9E%E3%82%8B

カ大バークリー校のコンピュータ科学入門科目で初めて女性受講生が男性を上回る

史上初めて、バークリー(Berkeley, カリフォルニア大学バークリー校)の「コンピュータ科学入門」の受講生は、女性(106名)が男性(104名)を上回った。いわゆるリケジョの人気というトレンドが、この超名門校に浸透してきたのかもしれない。

ただし、これはまだ、例外的な現象だ。National Science Foundationによると、2010年現在ではコンピュータ科学の学位取得者のうち女性は、わずか18.4%にすぎない。しかもそれは、1991年の29.6%から、一貫して減りつづけているのだ。

昨春、バークリーでこのコースを担当したDan Garcia教授によると、女性が増えたのはカリキュラムを大改革したせいだろう、という。チームでプロジェクトを進める、オープンソースの教材を使う、教育助手のバイトができる、などなどの新しい方針が施行されたのだ。“今の新しいコースとカリキュラムは、本当に“コンピューティングの美と楽しさ”を表現できている。勉強が、すごく楽しくなっているのだ”、とGarcia教授は言っている。

ただし、まだ喜んでいる場合ではない。合衆国以外の国では、性差はもっと大きい。たとえばイギリスの大学では、学位取得者全体では女性60%対男性40%と女性が多いにもかかわらず、コンピュータ科学では男性82%女性17%になる(2011-2012学年度)。

computersciencegender

この性差の起源は、早い場合は高校にある。大学の初期課程を高校で取れてしまうアドバンスドプレースメント(AP–下図)の場合、統計学と生物学と微分積分学では性差がほとんどないが、コンピュータ科学のみ、男性の比率が極端に大きい(下図右上)。(図はExploring Computer Scienceより、原データはCollege Board)。

AP-comparison-4

Garciaは、女性がコンピュータ科学に関心を持ちにくい原因がいろいろある、と言う。それはたとえば、“学部にも大学院にもコンピュータ業界にも女性の役割モデルがないこと”だ。上級コースに進んでも、競争の激しいテク業界には、仕事が得られる保証がない。

実際には、昨秋からの受講生では男性が53%と多く、今年の春からの受講生は女性が再び50.6%とアップした。

バークリーはシリコンバレーに多くの人材を供給している大学の一つだから、何もせずに自然現象的に女性受講者が増えたわけではなく、上述のようにカリキュラムやコースの大改革を行っている。女性人気が、これからもより高まりつつ続けば、全国のそのほかの大学も真似をするモデルになり、コンピュータ科学==男の領分、という神話は崩れるだろう。

画像: Flickr/brainchildvn; CC by 2.0のライセンスによる。

〔余計な訳注: コンピュータ利用を「コンピュータ科学」という特定学科に閉じ込めるのが、いけないのでは? 日本語の文章書くのに「日本語日本文学」の履修はいらないだろ? (関連記事。)〕

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

広告

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 122 other followers