MakerBot%E3%80%81%E3%81%A1%E3%81%A3%E3%81%A1%E3%82%83%E3%81%AA3D%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%AE%E4%BA%88%E7%B4%84%E5%8F%97%E4%BB%98%E3%82%92%E9%96%8B%E5%A7%8B

MakerBot、ちっちゃな3Dプリンターの予約受付を開始

先日のCES 2014で、MakerBotは新しい3Dプリンターを3機種発表した。小型(Replicator Mini)と巨大(Replicator Z18)、そして長年販売してきたのとほぼ同じサイズの機種(名前は単に “Replicator”) だ。新しいスマート・レベリング・システムと、プリント監視用内蔵ウェブカムによって、これらの新機種は、旧型Replicatorではできなかった小技をいくつか可能にしている。

しかし、発表以来実際に販売されているのは、標準型Replicatorだけだった。ベビーベアやパパベアモデルが欲しい人は、追加情報を受取るためにサインアップすることしかできなかった。

グッドニュース! 一応。もしあなたが「Miniモデル」を待っているなら、つい先ほど予約受付が始まった。1375ドル(+送料+税金+その他もろもろ)の同機種は、これまでより1000ドル近く安い最低価格MakerBot製品だ。

オチは? いつ出荷できるかメーカーもまだ100%確信が持てないこと。出荷時期を「今春」と指定しているが、それ以上詳しいことは語らない。(私のように)季節に疎い人間にとって、それは北半球の春を意味するので、3月21日から6月末までのいつかということになる。

3Dに手を出したいけれど価格が障壁になっているという人にとって、Miniは格好の選択肢だ。ただし最大プリントサイズは 3.9×3.9×4.9インチ(9.9×9.9×12.4 cm)なので、コーヒーマグよりかなり大きな物をプリントしようと考えている人は、大型機が必要になるだろう。

予約受付ページはこちら

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

Tags:

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

Hitoshi Anatomi
利便性のためなら端末盗用の防止などには構っていられない?
abology
كشف تسربات المياه بالرياض كشف تسربات المياه …
tegrak1
これから出るandroid5.0の端末が楽しみ。
saad abd
شركة تنظيف بالرياضشركة تنظيف منازل بالرياضشركة…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 132 other followers