%E4%BB%8A%E3%82%84%E9%9D%9E%E5%96%B6%E5%88%A9%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E3%82%82%E6%94%AF%E6%8F%B4%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8BY%20Combinator%2C%20%E6%AC%A1%E3%81%AE%E8%82%B2%E6%88%90%E5%AF%BE%E8%B1%A1%E3%81%AF%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0%E6%95%99%E8%82%B2%E3%81%AECodeNow

今や非営利事業も支援しているY Combinator, 次の育成対象はプログラミング教育のCodeNow

本誌の記事の昔からの常連で高名なインキュベータY Combinatorの傘下に、プログラミング教育を行う意欲的な非営利団体CodeNowが加わることになった。CodeNowのファウンダでCEOのRyan Seashoreは、YCの助力による今後の成長を期待している。

CodeNowはプログラミングの基礎を、高校生、中でもとくに女子や少数民族など、社会で被差別的な扱いを受けがちな層に教えている。ワシントンD.C.で2011年にローンチし、その後ニューヨークとサンフランシスコにも手を広げた。

その教育事業の構成は、週末のセッションとオンラインのコースワークと夏休みなどに行う合宿訓練から成る。Seashoreによると、彼が絶えず自問し、YCに加わることで一層増幅された問いは、“生身の人間対人間の教育をスケールしたい…しかしどうやって?”だ。

彼がとりあえず見つけた答は、とにかく集団教育やオンライン教育でも人間的側面を失わないようにすることだ。これまでCodeNowはクラスのサイズを最大30名に限定してきたが、最近その方針を変えて、クラスの人数は多いがそれを6~8名から成るグループに分割している。そして各グループにボランティアの先生がつき、各グループの能力や特質に合わせた進み方をする。

また企業やそのほかの団体などが、いわばCodeNowの‘分校’として独自に教育活動を展開できるために、標準化されたカリキュラム”CodeNow in a Box”を開発している。協力企業を探すのはこれからの作業だが、すでに数社が関心を示しているそうだ。

Seashoreは曰く、これが、どうやってスケールするかという問いへの答の一つである、と。彼によるとYCは、自分をそれまでのぬるま湯から蹴り出して、大きな視野を持つことを強制した、という。“これまでは毎回数百名の子どもたちが相手だったが、これからは一度に数十万という規模になる”、と彼は言った。

YCが、非営利団体も育てると発表してから手がけた最初の雛(ひな)が、1年あまり前のWatsiだった。そして昨年の秋にこのインキュベータは、一回の育成事業に複数のノンプロフィットがいてもよい、という方針を発表した。その育成資金は、寄付でまかなう予定のようだ。

YCの今のバッチにも、複数のノンプロフィットがいる。Seashoreは今、YCの‘生徒’になるためにMountain Viewに来ていて、サンフランシスコもCodeNowの重要な市場だと認めているが、本社は今後もニューヨークだ。つまり、YCがニューヨークのノンプロフィットを手がけるのは今回が初めて、ということになる。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

Tags:

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

U-YA
Windows Phoneは使いやすいんだけどアプリが絶望的に少ない。
GeekThem
>>>>> surface pro 3 docking…
もるまかて
サンドペーパーにダイヤが入っていたら、傷はつくよな。
武井 宏憲 (穂野川)
それでも実名にはひとつ利点があって、当人の実際の評価になるんですよね。